Life is Learning!

Ayanorosaブログ

MENU

「帰国は負け」なんだろうか。

f:id:ayanorosa:20190123065533j:plain

メキシコからこんにちは、アヤノです。

 

わたくし事ですが、来月後半から一時帰国することにしました。

夫は仕事のためメキシコに残り、私だけジャパンです。

 

日本へ帰るのは、なんと2年半ぶり!

メキシコで入籍後に3カ月日本で移住準備、その後メキシコに移住してから一度も帰っていませんでした。

 

久々の日本だー!寿司だ!焼きとりだ!お風呂だ!冬だ!今更の初詣だ!

 

2年半帰国をしなかった私。

何度帰りたいと思ったことか。何度メキシコから離れたいと思ったことか。

それでも帰国しなかった私。

 

なぜ帰らなかったんでしょうね…

 

今となってはなぜ我慢していたかも自分でわかりませんが、タイミングを自分で作れなかったのでしょうね。

 

ただ、メキシコ生活の2年半、ぼんやり思っていたことはこの3つです。

1:移住初め当時、2年後に日本移住を考えていたからお金を節約したかった。

(そのプランとうに過ぎてしまいましたが…)

2:自分には帰国は早いと思っていた。いつか帰るからまぁいいか、と。

3:メキシコに負けたと思いたくない。

 

この3番目の理由よ!!

これが特にめんどうなことです。

 

先日に航空券を買ってから気持ちが軽くなり、「帰国ってなんだろうか」と考えて直していましたが、友人の言葉で改めて今さらに考えています。

 

(Aさん、考える機会を与えてくれてありがとう!私はいつでもAさんの心の支えでありたい!)

 

 

本題に。

 

帰国って何でしょう?

 

旅行から帰る、とは話が違う。

国際結婚の帰国は、理由によりその重さは大きく変わります。

「年に一度の帰省」のようなイベント的なものであれば金額は違えど日本国内の盆と正月の帰省のような感じで何も問題ないかと思います。

 

しかし「日本が恋しくて帰国」となると本人の心はもう葛藤しかない。

 

私が去年春頃ストレスで過呼吸になった時、夫に「日本に一時帰国していいんだよ」と言われました。それでも帰らなかった。色々な葛藤の末にメキシコに留まることを選んだのです。

 

今帰国したらこれまでの我慢が無駄になる。

自分のわがままで夫のお金を使ってよいのか。

私の貯金を使ってまで帰りたいのか。

もっと別の帰国タイミングがあるのではないか。

もっとメキシコで我慢できるのではないか。

自分の努力が足りないのに帰っていいわけがない。

夫のためにメキシコを好きにならなければ。

日本へ行ったら私はメキシコから逃げることになる。

まだ逃げるには早い。

負けた自分を見たくない。

帰るなら胸を張って帰りたい。

でもこのままここにいたら心が潰れる…。

 

こんなことをグルグル何周も何周も思うのです。

もう自分で決定できなくて「ジャンケンで決めよ!」と夫に言ったこともあります(笑)

 

結局今日の今日まで帰国を選びませんでした。

 

今回の帰国の時期は、親の還暦のお祝いや私の免許証更新、メキシコVISA更新など色々なタイミングが合ったので決めることができました。

そして「ここまで頑張ったしもういいだろ」と!

 

2年半がんばった自分を偉いとも思いますし、ばかやろうとも思います。

 

果たして、がんばる方向は合っていたのか?

 

帰国は逃げることだとどこかで思っていて、「勝つまでこの国にいる!」と耐えたのですが、何に勝とうとしていたのだろうか。

フライトを予約して「やっと日本へ帰れるー!」と思った後に思ったのです、「帰国は負け」、ではないのでは。

(ややこしい表現。笑)

 

帰国しても移住した嫁の場合はまたメキシコへ戻らなければいけない。挑戦は続くのです。

休戦くらいの感覚でいれば良いのでは。

「メキシコに慣れなければ、夫や家族のためにここにいなければ。それが出来なければ私は負けたことになる!みんなに迷惑かける!」なんて、実際は自分の周りは誰も思っていなくてただ自分自身に強く課しているだけ。その課している時期って本当に本人は辛いのです。

(途上国移住の嫁ならわかってくれるはず!)

 

去年の辛い時期を乗り越えた今だからこんな風にブログも書けていますが、もしあの時本当に心が壊れてしまっていたら…。

それこそ、周りに心配かけて大変な事態になっていたことでしょう。夫婦関係も悪くなっていたことでしょう。実際、耐えていた時期はケンカも多かったです。

 

帰国をそんなに重く捉える必要は無いのかもしれません。

(とはいえ、何度も散財して帰国するのは違いますけどね。)

この国でがんばること・心を休めることのバランスは夫婦で相談して決めれば良いこと。いや、自分で決めればいい。帰国は、逃げでも負けでもなく、夫婦生活を継続するための方法の一つだと思います。

 

 

ここまで書いておいて言うのも恐縮ですが、

私はまだその考えに達しておらず、そういう視点に気づき、そういう余裕のある心でいようと心掛けている途中です。

 

だってまだ、帰国へのチケットを掴んだ今でも、帰国に対してソワソワしているほど!!

どれだけ課していたんだ私。真面目か!

 

少しずつマインドチェンジをしていきます。

 

とにかく、帰国に対してソワソワしていますが、2年半メキシコに留まった末に帰国できるのはスッキリした気持ちでもあります。

夫にも「よく頑張ったね」と言われました。

 

そして夫に言われて一番嬉しい、というか心が晴れた言葉があります。

 

「メキシコ移住の目的は達成できたね。ありがとう。」

 

私の移住目的は

・夫の国を知ること

・夫の仕事を応援すること

でした。それはこの2年半で出来たこと。

「そうか、私はちゃんと目的を果たせていたのか」と気づき救われた気持ちになりました。

このことは、別の記事にして書きたいと思います。

 

これからは、自分のために生きなければ。

その節目のような時期に一時帰国となります。

私の帰国のタイミングはやはり今だったのでしょうね。

 

帰国に対してネガティブになる必要なんて無いんですよね。

人生続きますからね!

 

 

みんな、帰ろう!

 

 

長文をご覧くださりありがとうございました。

この記事が誰かの心を軽くすることが出来ますように。

 

アヤノ ロサ