Life is Learning!

アヤノロサの国際結婚・学び時間

MENU

メキシコで皆既月食を見たー!(スマホ撮影のため粗画像)

f:id:ayanorosa:20190122073023j:plain

メキシコからこんにちは、アヤノです。

 

1月21日、アメリカでスーパームーンが見られると話題になっておりました。

いつもより満月が大きく見られる「スーパームーン」、さらにさらに月全体が地球の影に入る「皆既月食」が重なるミラクルな夜!

 

アメリカはUSAだけでない!メキシコもアメリカ(大陸)の一部だー!ということで、メキシコ在住の私もこの素敵な月を見ることが出来ました。

 

実際は当日、皆既月食のこと忘れていました(笑)

1月20日の夕方に大きなオレンジ色の満月を見て、「何この大きな月!」と驚きました。そこで今夜の貴重さを知りました。

それ写真撮らなかったんですよ…残念!あの大きさならスマホでも綺麗に撮れたはず!

 

メキシコ時間で20日の22時頃から皆既月食スタート。少しずつ月が地球の影で欠けていきました。

 

夫とレジデンシャルエリア内の近くの広場へ行き観測しました。

外で食事している人、月を眺めている家族、天体観測用の望遠鏡で観測している人、すでに何人かいました。

夫も望遠鏡持っているのですが、実家に置きっぱなし…。今日ほど必要と思った日は無い!なぜ持ってこなかったんだ、夫よ!今日なら絶対きれいに撮れたはずです。

 

しかしこの日、雲一つなくとってもクリアな空!星も綺麗でした。肉眼でも月食の様子がしっかり見られました!

 

スマホで撮影

f:id:ayanorosa:20190122073851j:plain

スマホだとやはり撮影に限界がありますね…。みなさんにも綺麗さをシェアしたかったのですが、難しい。

月食部分は赤くなっています。少しづつ満月から半月、そして三日月になっていく姿をずっと観察していました。

 

皆既月食

f:id:ayanorosa:20190122074431j:plain

赤い球体のようでした。見た目、ドラゴンボールのような感じ!

 

ちなみに、今夜の現象を英語では「Super blood moon」と言います。大きな赤い月。かっこいい!

 

皆既月食についても辞書で調べてみました。

英語:The totel eclipse of the moon

西語:eclipse total de la luna

eclipseは陰りといい、天文では「食」を意味します。

メキシコ人友達のSNS投稿を見ると多くは月食を「Lunar eclipse」と言っていました。「Luna」=「月」ですが、「Lunar」は「月の・太陰の」という形容詞になります。初めて知りました。辞書にはない実際に言われている言葉がわかるのもSNSの便利なところ。

 

話と月観察に戻します。

月大好きな私、いつも月を見ると両手を広げてパワーをもらうんです。

…なんの宗教だってね。誰に教わったでもなく、とにかくやりたくなってしまう!

 

今回は夫にもやらせました。

 

私:私たち今、月と地球と太陽の間にいるんだよ!

(いや、よく考えたら常にそうだ笑。直線状にいると言いたかった)

夫:そうだねー!

私:両手を空と地面に広げたら、片手は月、もう片手の先には太陽だよ!

夫:…。

私:ほら、Amor(夫)もやって!

夫:えーなんでー!

私:そしてMake a wishするの!ちゃんとやって!

(根拠のないお願い事方法を伝授)

夫:…そうだね。今日だけはやろう!

 

夫も月食を目の前にして、やる気になった様子。二人で月に向かってお願い事をしました!そしてハグして終わり。

「これから良いことあるよー!」を幸せな気持ちで家へ戻りました。夫婦で平和ですね。

 

この夜のような貴重な現象を体験すると、宇宙って凄いなって思います。

言葉にすると何とも浅い発言(笑)

実体験は大切ですね。ますます月が魅力的に思えます!今度、月モチーフの絵を描こう。好きなものはどんどん描かなければ!

 

翌朝、出勤する夫を見送った後もひとり月見。

夜明け前の満月

f:id:ayanorosa:20190122081428j:plain

反対側(東)の空

f:id:ayanorosa:20190122081510j:plain

一番星と二番星(そういう言葉あります?)がくっきり見えました。綺麗!

 

Super blood moonの瞬間に生きていた私たち、きっと素敵な事がありますね!

 

アヤノ ロサ