Life is Learning!

アヤノロサの国際結婚・学び時間

MENU

【スペイン語基礎】形容詞について

f:id:ayanorosa:20181020002930j:plain

Hola! メキシコからこんにちは!

今回は形容詞についてです。形容詞を知っておくと、あまりスペイン語が話せなくても「(これ)おいしい」「寒いね」などと、一言感想が言えるので便利ですね!

 

目次:

 

形容詞とは

形容詞とは、物事のありさまや状態・性質などを表現する言葉のことです。

日本語ルールで言いますと、「おいしい、かわいい、安い、暑い」など最後が「い」で終わる言葉 (=い形容詞)と、「きれい(な)、ひま(な)、元気(な)」など最後が「な」で終わる言葉 (=な形容詞)があります。

 

形容詞は、スペイン語で「adjective」と言います。

スペイン語の形容詞は、修飾する名詞(その物事)の性別・数によって変化します。

(【スぺイン語基礎】シリーズで、名詞は性別で区別されることを書きましたので、ぜひご覧ください。)

 

形容詞にも男女がある! パターン①

修飾する名詞の性別・数に合わせ、形容詞も男性・女性・単数・複数に変化します。

基本は男性は語尾が「-o」女性は語尾は「-a」です。

男性名詞・女性名詞で覚えた、

おとこOtokoおんなOnna」と同じですね!

 

複数の場合は「-s」をつけます。

辞書には「男性・単数」として載っていますので、女性形容詞で検索しても見つかりません。ご注意を!

 

【辞書:bonito】 

=かわいい、すてきな

男性単数:bonito

男性複数:bonitos

女性単数:bonita

女性複数:bonitas

 

日本語とは逆で、<名詞> + <形容詞> の文法になります。

前回の説明した冠詞・名詞・形容詞、すべて性別・数を合わせることになります。日本語にはないルールですので慣れるまでは難しいですね!

 

Un niño bonito

=(ある一人の)かわいい男の子

Unos niños bonitos

=(何人かの)かわいい男の子たち

Un niña bonita

=(ある一人の)かわいい女の子

Unas niñas bonitas

=(何人かの)かわいい女の子たち

 

形容詞パターン②

 性別の区別が無い形容詞があります。語尾が「-e」のものがだいたいコレです。性別の変化はありません(語尾を「-o / -a 」に変えない)。

複数の時は「-s」をつけます。

 

【辞書:grande】

=大きい

男性/女性 単数:grande

男性/女性 複数:grandes

 

Un sombrero grande

=(ある)大きな帽子

Unos sombreros grandes

=(いくつかの)大きな帽子

Una casa grande

=(ある)大きな家

Unas casas grandes

=(いつくかの)大きな家

 

形容詞パターン③

男性形容詞の語尾が「-o」でないにも関わらず、女性の場合は「-a」に変化しなければいけない形容詞があります。

地名からきている形容詞に多くみられます。

 

【辞書:japonés】

=日本の

※「ハポネス」と発音し、アクセントは「ネ」です。

男性単数:japonés

男性複数:japoneses

女性単数:japonesa

女性複数:japonesas

 

Un coche japonés

=(ある)日本の車

Unos coches japoneses

=(いくつかの)日本の車

Una computadora japonesa

=(ある)日本のパソコン

Unas computadoras japonesas

=(いくつかの)日本のパソコン

 

形容詞を使った例文

Yo tengo una computadora japonesa.

=私は一台の日本製のパソコンを持っています。

補足:

Yo= わたし

tengo= tener(持つ)の現在活用 一人称単数

 

Yo tengo un coche grande.

=私は一台の大きな車を持っています。

 

Hay muchas casas grandes en la calle.

=この通りには沢山の大きな家があります。

Hay= ある

muchas=多くの (muchoの女性複数)

en la calle =この通りに

 

La computadora es cara.

=そのパソコンは高いです。

es= serの三人称単数 (英語のis)

cara=高い (男性単数はcaro)

 

名詞の前に付ける場合もあります。

【辞書:bueno】

=良い good

 

Ella es buena maestra.

=彼女は良い先生です。

Él es buen maestro.

=彼は良い先生です。

※buenoは、男性名詞の前に付ける場合、「-o」を取り「buen」となります。

 

最後に

形容詞は、修飾する名詞に合わせて性別・数が変化します。

形容詞が使えると「○○○な物事」や「物事は○○○だ」と短い文章が作れるようになりますね!

私はスペイン語に慣れていない時や文章が浮かばないときは、「高い/安い!」「おいしい!」と、とにかく声を大きめで一言勝負です(笑)

 

先日、私のご近所のメキシコ人ママさんからこう言われました:

 

「A mi hijo, le gusta arroz blanco!」

(=私の息子は白米が好きなのー!)

 

blancoの意味は白い、形容詞です。arroz blancoで白米です。

メキシコ人の子供が白米を好むなんて、日本人の私にとっては嬉しい!

「wow! muy japonés!  (わーとっても日本人!)」と返したら、「そうでしょー!」と笑っていました。

 

少しづつ会話も広がりますね!

 

アヤノ ロサ