Life is Learning!

アヤノロサの学びの時間

MENU

【スペイン語基礎】名詞につける冠詞

f:id:ayanorosa:20181020002930j:plain

Hola! メキシコからこんにちは。

前回は、「スペイン語の名詞は性別で区別されている」ことについて書きました。今回はそれにかかる冠詞についてです!

 

目次:

 

冠詞の前に名詞の性別と数

冠詞の前にちょっと名詞の復習をします!

スペイン語名詞には性別があり、Masculino(=男性名詞)Feminino(=女性名詞)に区別されます。

基本は-Oで終わるものは男性名詞-Aで終わるものは女性名詞です。

さらに、単数と複数形があります。複数の時には英語と同様に「S」と付けます。

性別と数、4種類に分けられるのですね。

 

例えば「子ども」。

小さな男の子を「niño (ニーニョ)」、女の子を「niña(ニーニャ)」と言います。

niño   =男の子(単数)

niños =男の子たち(複数)

niña   =女の子

niñas =女の子たち(複数)

 

日本語には性別も無ければ複数も考えなくてもよいので、このスペイン語のルールは慣れるまでは大変ですね。

 

私はメキシコ人に日本語を教えているのですが、「"りんご"は一個でも二個でも"りんご"なの?!すごい!」と言われました。スペイン語スピーカーにとっては、逆に名詞に区別がないことがめずらしいみたいです!

 

冠詞とは

では、本題の冠詞について。

冠詞とは、「名詞」または「名詞として扱われている語」と結びつき、名詞句を構成する語のことです。

冠詞は、「性別・数」の区別、そして「一般的のものか/特定的なものか」を示します。

 

英語でいう「a / an」「the」のことです。

私は英語でも未だに付け忘れたり、これはa~なのかthe~なのか?と、悩んでしまいます。冠詞は難しいです!

英語同様に、この冠詞がついていないと「意味は理解できるけどモヤモヤする」らしいです… 覚えなければなりませんね。

 

不定冠詞について

冠詞には「不定冠詞」と「定冠詞」があります。

 

不定詞とは、「名詞が不特定のものであることなどを示す語」で、数えらる名詞の前につけます。

不特定のものと言うとわかりづらいですが、それが一般的でどこにでもある物を指します。

 

普段スペイン語を使う際、冠詞をわざわざ日本語訳にする必要はないですが、ニュアンスとしては「ある○○○」です。単数は「一つの○○○」、複数は「いくつかの○○○」。

 

不定冠詞には、「un」「unos」「una」「unas」があります。

 

気づきました?

名詞のルールとほぼ同じ!!

語尾が -O / -OS / -A /-AS で性別・数が見分けられますね!

unとunosは男性名詞に、unaとunasは女性名詞につけます。

(「1(いち・ひとつ)」は「uno」です。1.2.3…ウノ・ドス・トレスのウノ。語尾が-Oですね。これが名詞にかかり冠詞になるとOがとれ「un」となります。)

 

【不定冠詞+男性名詞】

Un libro      =(一冊の)本

Unos libros =(複数の)本

 

【不定冠詞+女性名詞】

Una pluma =(一本の)ペン

Unas plumas=(複数の)ペン

 

定冠詞について

定冠詞とは、「名詞が特定のものであることを示す語」です。

「その○○○」「それらの○○○」でそれが特別であるときに使います。英語のtheですね。

 

定冠詞には、「el」「los」「la」「las」があります。

 

【定冠詞+男性名詞】

El libro      =(その)本

Los libros =(それらの)本

 

【定冠詞+女性名詞】

La pluma    =(その)ペン

Las plumas=(それらの)ペン

 

「常識的にそれが特定のものである」ときにも不定冠詞ではなく定冠詞を使います。

例えば、「太陽= sol (男性名詞)」はこの世界にひとつしかありませんので、「El sol」です。

 

不定冠詞と定冠詞の例文

Yo tengo unos libros.

=私はいつくか本を持っています。

補足:

Yo =わたしは

tengo =tener(=持つ)の現在活用

 

El libro está aquí.

=その本はここにあります。

補足:

está =estar(=英語のbe)の三人称単数

aquí =ここ

 

Hay unos libros en la mesa.

=いくつかの本が、(その)机の上にあります。

補足:

机を指差して言っているイメージです。

「何冊か本がある」と不特定なので本に対しては不定冠詞、机は特定されているので定冠詞を使います。

Hay =~がある・いる(英語のthere is/are)

en =~の上に

mesa =机

 

最後に

冠詞には不定冠詞と定冠詞があり、性別・数、そして不特定/特定を表します。

名詞とは切り離せないものなので、セットで覚えると「この名詞は男性/女性名詞だ」と自然に名詞の性別も覚えることが出来ます。

 

日本語には馴染みの薄いものですが、スペイン語にとっては大切なことなので、少しづつ覚えていきましょう。慣れるしかないので数をこなして使うのみ!

一緒にがんばりましょう (^^)

 

アヤノ ロサ