アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

自分の誕生日すら楽しめないっていう話

f:id:ayanorosa:20180909041553j:plain

メキシコからこんにちは、アヤノです。

先日、絶賛無駄な時間を過ごしましたのでそのお話を。最近、自分の改善とか浮かれた話とか前向き思考な内容が多かった気がしますので、ここらで愚痴りたいと思います(笑)

 

先週の土曜日、私は夫に誕生日をお祝いしてもらうつもりでした。土曜朝から出かけ日曜にかけて夫婦で小旅行を楽しむつもりでした。

 

お祝いしてくれようとしている夫に、先日ケーキを作ってくれた夫の家族に、プレゼントをくれた日本の家族に、メッセージやプレゼントをくれたお友達に。すべてに感謝するべき!(実際、ありがたいと思っています!)

 

そう、私は感謝して今日を生きるべき!

 

しかしながら書いておきたいこのモヤモヤを。

 

本当は先週でなく、先々週に夫婦でお祝いする予定だったのですが、二人で過ごすことよりも夫の実家へ行くことを選んだ私。空気を読んだのです。読まなくてもよい空気を。

なぜ実家を選んだかというと、誕生日よりももっと前に実家に滞在した時、「お姉さん(夫の姉)の誕生日もAyanoと近いから一緒にお祝いしようかー」というスペイン語会話で家族が盛り上がりまして。それを輪の中で聞いた私、「いえ、結構です」と言えるわけがない。みんなの都合も考慮して先々週末がよいと知り、"私さえ実家を選べば丸く収まるのか…"と思い、ありがたく実家を選びました。

 

これですよ、これ。

自分の優先順位を下げに下げている変化。

結婚3年目、自分のダメな変化に気づいた話 - アウトプット時間inMexico

 

もちろん、お義姉さんをお祝いしたい気持ちもありましたので、一緒にお祝いというよりも私にとっては「自分のことはおいておき、この日は姉メインの日」と心に決めて実家に挑みました。(挑むって笑)

実際楽しい日になりましたし、家族も嬉しそうでしたので良かったと思います。(本当は姉の遅刻とか謝る自分とか色々思うところはありましたけど!)

自分の希望を言えず通らずなところはありましたが、しかしながら嫁がお祝いしてもらえるってよく考えたら、とっても優しいことですよね。無視しても良いモノなのに。なんて優しいんだ、みんな。

 

夫には、「実家を選んでくれてありがとね。でも気持ちわかっているから、ちゃんと誕生日をお祝いしようね」と言われていました。

 

ということで、私たち夫婦だけでお祝いする日は、予定から一週間延びた先週の土曜日だったのです。

 

ところが、夫はこの土曜日に仕事になりました。

この頃忙しいようで土曜日はよく出勤になります。実家に行くときはお休みで、私の誕生日祝いは仕事。どんなタイミングだ。

でもそれは仕方ないこと、仕事は大切です。私の誕生日のために仕事休んでというワガママな気持ちはさらさらないので、これは静かに受け入れました。

 

夫はこの土曜日、早く帰宅してくれようと早朝に出勤していきました。優しいですね。

 

しかししかし、ここで終わるわけがない。

悪いタイミングは重なるものです。

 

お義姉さんが、仕事に関するイベント(講義?)で3日間レオンに来ると。私たち夫婦の家に泊まると。

 

ホテルでいいやーーーん!

木曜~土曜日。誕生日祝いとかぶるやーーーん!

 

来るのは構わないのですが、別の週にしてくれ。まじで。

 

そして、先週木曜にお義姉さんは2泊3日で我が家に来ました。

日本食好きな彼女のために料理も作りました。夕食、朝食、そしてお弁当準備。喜んでくれたし、美味しいといっぱい食べてくれる彼女を見て、私も嬉しかったのは確かです。結婚して、夫の嫁として受け入れてくれたお義姉さん。いつも優しいので、私が出来ることがあればやりたい気持ちがあります。恩返しのような。

だから喜ぶ彼女を見るのは嬉しいことです。

 

しかしね、しかし。

 

「土曜日は私の誕生日お祝い」と言ってあったので、土曜の朝に私たちとはさよならしてもらう予定でした。朝に荷物をまとめて我が家を出てもらい、地元に戻ってもらうことになっていました。

お義姉さんも、「土曜に違う都市に住んでいる友達に会いたいし、夜には地元でレッスンを受けたいから朝に家を出る」と言っていたので、お互い円満なスケジュール。

 

しかし、私の夫が土曜出勤になったため、お義姉さんは、「土曜日はやっぱり宿泊荷物は我が家に残して仕事のイベントへ行き、その後に荷物と取りに我が家に来る」と。この変更、前日夜に知りました。友達どこいったんだよ。地元のレッスンはどうした!?兄妹で勝手に決めるなーーー!

 

私は夫が土曜出勤なら、ひとり買い物に行こうと思っていたんです。土曜日のデイタイム、夫婦でお祝いできないなら、せめてひとりで買い物したい!

夫には事前に話していたのに、、、

私の願い届かずです。

 

こうして、お義姉さんは朝8時にイベントへ行き、12時に荷物を取りに我が家に来て、私とさよならして地元へ戻ることに変更となりました。

「午前中つぶれるけど、12時にお義姉さん去るならそれから私は買い物へ行こうかな…。」

みんなの変更に合わせて時間調整を考える私。少しでも自分で楽しめるならまぁいいか、と。

 

土曜日朝から夫婦で小旅行→変更で、姉は泊まって土曜早朝にさよなら→さらに変更で、やっぱりお昼にさよならする。変更の変更。

 

で、さらに変更発生しました。当日に。

 

土曜午後3時。15時。

私はその時間は姉とさよならして、買い物を楽しんでいるはずでした。

 

帰ってきてない!!

お義姉さんが荷物を置いて出ていき、まだ帰ってきてない!! 

 

土曜の朝の時点であやしいなと思ったんです。

朝8時に出る予定だったのが、私と朝食をとりながらNetflixで映画を観てしまい、家を出たのは9時過ぎ。(途中で去ると思ったら最後まで観た笑)

イベントへ向かう際に、家に戻る時間を再度確認したら「イベント参加が遅くなったから、戻りは12時~14時かな」って。

あたかも、仕方ないから戻りもずらします発言。

いや、姉さん。イベント自由参加なら予定通り早く帰ればいいじゃん。遅刻の原因は姉さん自身だよ?変更繰り返した上に戻りの時間曖昧って…自分のことしか考えてない!

 

何も言えなかった私です。

 

15時になっても荷物を取りにくる気配なく。そして彼女からメールが来ました。

「買い物してからもどる」って。

 

私が今日買い物をしたかったのも、誕生日祝いがつぶれてる(何なら2週連続であきらめてる)ってことも、姉も夫も知ってるのに!

彼女は買い物だと。

私は、何時に戻って来るかわからない彼女と勤務中の夫のために、家を出られずです。

 

土曜日の私のデイタイム:

5:30→夫が早朝出勤を決めたため起床、朝食準備

6:00→夫を見送り、お義姉さんのお弁当と朝食準備

7:30~9:30→お義姉さんと朝食・映画

9:30~→モヤモヤしすぎて、ひとりYoutube!

12:00~→依頼を受けたWeb記事の執筆

15:30頃→やっと姉戻る

 

楽しみにしていた土曜日がこれって寂しすぎません?

 

お義姉さんは15:30に我が家に戻ってきました。早朝にお弁当を作りましたが、後で起きてきた姉に「家で食べたい」と言われ、帰宅後に我が家でランチ。

帰る気配ゼロ(笑)

 

そして17時、夫がやっと帰宅。15時に帰宅するために早朝出勤したのに帰宅17時です。でも仕事は仕方ないですね。

 

結局は、17時30分頃にお義姉さん・夫・私、全員同時に家を出ました。(車は別です)

夫が「小旅行はちゃんと行こう」と言ってくれたので、夜から夫婦で過ごせることになりました。でも同時に家を出るなんて聞いていなかったので慌てて準備と戸締りチェック。

最終的に姉と夫が私を待つ感じ…なにこれ。

私が散々ふたりを待っていたのに。最後は私が「お待たせしてすみません」って。

 

お義姉さんは地元へ、私たち夫婦は土曜夜から日曜にかけて小旅行。やっと夫婦二人でお祝いすることが出来ました。

モヤモヤしたこの日の気持ちはぐっと我慢して土曜の夜を楽しみしました…。日曜ケンカしましたけど。夫のわがままでね。

 

本当は書くようなことでもなければ愚痴るほどのことでもない内容でしたね。

しかし積まれたストレスがあるので、

「誕生日すら誰かに合わせて生きなければいけないのか」という気持ちが沸いてしまいました。

 

はぁ、自分の気持ちに正直でありたい。

 

お義姉さんのように悪気無く自分中心の生活が出来たら楽だろうな。(周りは大変だけど)

それができたら、私は誕生日を自分で楽しめたはず。

 

ここまで書いておきながら最後に言いますが、お祝いしてくれた夫と、帰り際私のためにコーヒーを買ってくれたお義姉さんには感謝しています。

優しい人たちだから。

 

…モヤモヤは消えずとも、嫌いにはなれないし、やっぱりこう気持ちをもつ自分が悪いと思ってしまう!!

一番ダメなのは私の強く自分を出せないところですね。

 

みなさん、時にワガママに生きてくださいね!

私のように抑えてはダメ!(笑)

 

アヤノ ロサ