アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

結婚はやっぱり家族だね

f:id:ayanorosa:20180724030147j:plain

メキシコからこんにちは、アヤノです。

前回、家族がメキシコに来た話を書きました。父にとっては久々の、母にとっては人生初の海外旅行!!家族みんなで初めてメキシコへ来てくれました。

 

*私たち夫婦の生活を見てみてみたい。

*夫の家族に直接お礼を言いたい!

海外旅行の経験が無い不安な中で、両親は私のために決意してくれたのです。それだけで感謝!!

 

でも、まぁ途中から目的がメキシコ観光に変わっていきまたけど。「過密スケジュールならLeon(私の住む都市)は行かなくていいよ~」とか言ってきましたからね(笑)

旅行前は不安もあったようですが、それよりも楽しみが勝りずっとワクワクしていたようです!

 

目的通り、Leonの生活を見てくれましたし、家族にも会えましたし、観光も楽しめたから、本当に良かったです。

 

前置きが長くなりましたが、

今回はその旅行の目的の一つ、家族で集まった話を。

 

1日だけ家族で集まる日を設けました。

 

優しくて自由なメキシコ家族。昨年に妹が来た時も急な予定変更等で妹は大混乱、私はイライラ、夫は心労。夫の家族なので注意も出来ないですし、もともとは妹を迎え入れてくれた優しすぎる人たちなので、「そんな優しい家族に何でイライラした、私!なぜ妹を巻き込んでしまった!」と、後になって自分で自分を責めました。

まぁ妹は「お姉ちゃんも大変だねぇ…」と私の肩をポンッとして、あとは楽しんだようです!

この妹の性格が欲しい…。

 

ということで、今年はメキシコ家族と日本の家族の集まりなので、だいぶ前から危機管理(言い過ぎ)を徹底しておりました!

 

メキシコ家族に対しては、

事前に実家へ行く度にこんな話をしておきました。

「日本人は時間の変更を嫌う」

「予定を詰め込みすぎても結局出来ないから、だったら最低限の予定だけ立ててあとはみんなと楽しみたい」

「私の家族はただただ皆にお礼が言いたいだけ。会ってくれるだけでいい」

「迷惑かけたくないからホテルに泊まる」

実際はもっと色々やんわりと伝えました!

それでも義両親は沢山の提案や予定を入れてこようとするのです。迷惑と一ミリも思わず好意でしてくれることに本当に感謝、だからこそ断るときに本当に心苦しいのです。

私一人で夫や家族にわかってもらうには何度も伝えることが必要なんです…移住して2年目でやっとわかりました(笑)

 

日本の私の家族には、毎週Skypeで事前にこう話しておきました。

「メキシコで予定は絶対変わる」

「私たちの予想以上にメキシコ家族は親切にしてくれるからお土産は多いほうがいい!」

「この1日は捨てる気持ちでいてくれ」

最後の言葉はなかなかキツイですよね。両親も「そこまで心配しなくても楽しくやるからいいよ」と、私を逆に心配してくれるほどでした。

家族で集まる日は集まることが目的でそれ以外の予定は無いと思っておいて欲しい、という気持ちから「捨てる」発言になってしまいました。観光を予定に入れてましたが、きっとなくなるだろうなぁ…と。

あと、お土産は多いに越したことない。私が入籍のため初めてメキシコに来た時、義家族が親切すぎて「お土産もっと持ってくれば良かったー!」と思ったからです。ひとりひとりにちゃんと渡しても足りないと思ったほど、向こうの親切に感謝しました。

 

国際結婚による家族の集まりは間に入ることが大切!

こうやって両国の文化の違いのケアをしておけば当日イライラが減りますからね!

 

事前準備も万全に、いよいよ家族が集まる時となりました!

 

Leonを早朝に車で出発してお昼頃に実家に到着。

車内でテンション上がっていた私の家族ですが、実家がある都市に入ったら急に大人しくなり緊張MAX、リラックスしていた私まで緊張が伝わってドキドキしました。

 

実家では、お互い緊張しつつも和やかに顔合わせが出来ました。

母は義母とハグをして涙。

そして父は、なんとスピーチを用意していたのです!!

f:id:ayanorosa:20180724052346j:plain

日本語で感謝の挨拶を用意していたらしく、車中で夫がスペイン語翻訳、実家に着くまでスペイン語を何度も何度も練習していました。

スピーチは本当にカタコトで私が横から助言しつつでしたが、気持ちは家族に伝わったようです。

 

父は普段感情を表に出さないタイプです。

母すら父の考えていることがわからない時があるそう。そんな父ががんばってスペイン語でスピーチ… 今までの父から考えられない!

 

挨拶のあとは皆で食事会。

f:id:ayanorosa:20180724053113j:plain

ママさんがメキシコ料理をふるまってくれました。

私の妹のリクエストにまで応えてくれる優しさ。さらに私が好きなポソレスープまで。(ちょうど腸炎だったので他の料理が食べられず助かった!)

会話は緊張か打ち解けるまでに時間がかかりましたが、私のグダグダな日本語-スペイン語通訳で和やか雰囲気になりました。

 

観光時間もつくれた!

f:id:ayanorosa:20180724053445j:plain

予定していた観光通りとはいきませんでしたが、お土産を買う時間も十分に取れましたし、行きたかった場所には行けたので良かったです。

 

あとは、お菓子が沢山売っているスーパーで配る用のお土産を買ったり、夕食を食べに行ったり。一日しか一緒にいられませんでしたが、色々なことが出来たと思います!

 

f:id:ayanorosa:20180724053712j:plain

母と母!!

日本からエプロンをプレゼント!プレゼント交換も楽しかったようです。

 

結婚して2年。やっと両家族が集まることが出来ました。

 

私は母と性格が似ているためよく言い合いになります。メキシコと日本、こんなに離れているのにケンカになるんです!Skypeで「おかぁさん…怒」という私の発言も何度か夫は耳にしています(笑)

それもすぐに仲直りするのでいいのですが、落ち込むこともあるんですよね。

この旅行でも、仲良しこよしばかりではありませんでした。

 

でも、普段とは違った両親の姿を見て、「私はなんて愛されているんだ」と感じました。

父は、こっそりスペイン語の本を買って、最後に夫にスペイン語でお礼のメッセージを用意していました。あんなに号泣している姿を見たのは初めてかもしれません。

母は、フライトで泣き、会って泣き、車で泣き…涙の旅行でした。私を想って時に冷たくしていると知った時は私も泣きました。

妹は、私と違って常に明るく両家族を和ませてくれました。そして自由に旅行を楽しむセンスがある!「今年の方が○○(私の夫)と仲良くなれて嬉しい」と言ってくれました。兄妹となってくれてありがとう!

 

結婚って両家族あってのものなんだと改めて感じました。

賛成してくれる結婚って心が落ち着くというか安心できるというか。説明が難しいですが、これも親孝行になるのかなと思えて嬉しいです。

 

今、日本の家族がいなくて寂しいです。

また集まれる日まで楽しみにしています!

 

アヤノ ロサ