アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

インプット・アウトプットって何?

f:id:ayanorosa:20180802092931j:plain

メキシコからこんばんは、アヤノです。

昨日変更したブログタイトル。「アウトプット」という言葉がふと頭に浮かんだのでそうしました。元々関心を持っていた言葉です。

 

目次:

 

そもそもインプットアウトプットって?

「インプット」と「アウトプット」。

何ぞや???ですよね。現代日本が大好きなカタカナ英語でかっこいい風です。笑

私の持っている電子辞書で意味を調べてみたらこう書いてありました。

Input

入力。コンピューターで情報を記憶装置へ入れること。

Output

出力。データを画面に表示したり、印字などで取り出したりすること。

 

私は昔々、グラフィックデザインの方面へ進んだとき、「アウトプット」と毎日のように職場で耳にしていました。

「入力」と「出力」、私がデザイナーとして働いていた職場ではこの日本語の意味の通りに使われていました。

上司に「アウトプットして」って…。出力でいいじゃんって思っていました(笑) 

 

しかし、インプット・アウトプットにはビジネスや日常面では別の意味が含まれることを後になってしりました。

 

ビジネス面では

「インプット」は入力、ビジネスにおいては「成果や結果を出すために自分で情報や知識を得る」という意味です。

その反対に「アウトプット」は出力、「自分が得た情報や知識により、成果や結果を出す」こと。

 

自分で聞いたり調べたりした情報や実際に行動して得た経験(=インプット)を表現して成果を出す(=アウトプット)、ということです。気づかぬうちに誰もがやっていることですよね、これ。

プロジェクトを任せられて、まずはインプット。必要な情報を収集したり、シミュレーション等をして経験を積んで習得。それをアウトプット。これまでの準備を表に出してプロジェクトを成功させる。

資格が必要でインプット。勉強して知識を得る。そして試験に自分が学んだことを出して合格する、それがアウトプット。

 

私が結婚前に働かせていただいた国際的な職場では、こう使われていました。例えば、日本に海外の方が来る目的としてのインプットアウトプット。

*インプット=日本で自国には無いシステムや文化・習慣等を知り学ぶ。

*アウトプット=日本で得た知識を活かして、自分自身のキャリアおよび自国(職場)の向上につなげる。

私は、職場でこの言葉を深く考えるようになりました。得るだけでは意味がない、それを結果につなげてこその言葉なんだ!当時は、自分自身にこの言葉を置き換えて仕事を向き合うことが出来ませんでしたが(だって失敗も多かったから)、意識することにより仕事が少し面白いと感じられるようになりました。

 

個人的に思うインプットアウトプット

国際結婚でメキシコ人の嫁になった今。ビジネスにおけるインプットアウトプット?成果?興味ない!何なら、デザイナー時代の出力の方が好きです!私の時代は後退した気分…。

 

しかし、最近では日常レベルでこの言葉が使われているそうです。

ブログもある種、当てはまるんです!

日常生活で得たことを、ブログに書き残す。これもインプット・アウトプット!

 

私の解釈として、「自分が得た学びや経験(インプット)を表現(アウトプット)する」がしっくりきます。特に結果や成果よりも「表現」が好きです。

 

アウトプットはインプットのための作業でもある、とも思います。

ブログで言いますと、書き残すことがアウトプットとなりますが、書くことにより自分自身のインプットともなると感じています。

私は旅行へ行くとき、いつも何も調べません。メキシコ人の夫が好奇心で自ら調べ私を連れて行ってくれます。私にとってはぼんやりとしたインプット!思い出作りだけ!しかし、ブログやWeb記事にする時は、再度本を開き、インターネットで調べ、私が訪れた場所がどんな場所だったのかを改めて知る作業をします。旅行前にしろって話ですけど(笑) 私の場合は、書くことによってメキシコの観光地や文化を知るきっかけにつながっているようです。

アウトプットが私のインプット。

読んでくださる方にとっても有益な情報ならインプット。

やっぱりブログって面白いし無駄じゃない!

 

アウトプットが大切だと聞いたことがあります。

どれだけ自分がインプットをしても、自分の中で整理がつかずまとめられない、外に出す作業が下手では、もったいないですよね。

私はインプットもアウトプットも両方上手ではないと思います。効率的に楽しくどうしたら出来るのか…向上させたいです。

 

流れをもって何かをする、ということに興味を持っている今日この頃です。上手く向き合えば色んなことがもっと楽しくなるかもしれませんね!

 

アヤノ ロサ