アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

結婚1年目と2年目の心情を振りかえってみる

f:id:ayanorosa:20180505110754j:plain

メキシコからこんばんは、アヤノです。

 

お付き合いを続ける上で "3の倍数は気をつけろ" と聞いたことがあります。恋愛感情も保てるのは3年、それからは家族愛や情を持たせないといけないそうです。

 

いや、3年の前に、2年目で軽く危機でしたけど!??笑

 

そりゃぁ、スピード婚約からの遠恋からの国際結婚なので色々ありますよね。

でもご安心を。こうして今も夫と仲良く暮らし、2周年もお祝いし、3年目を迎えられることにホッとしております!

 

結婚生活たった2年ですが、私の心情と態度は1年目と2年目で大きく変化したと自覚があります。

その変化を振り返り反省しまとめてみます!

 

目次:

 

メキシコに来た、来てあげた

元々は日本で出会い婚約しました。当初は日本で夫婦で生活するつもりでしたが、遠距離恋愛中の夫の仕事の状況等でメキシコで結婚することを決意しました。

「メキシコにいる理由」が嫁としての決意から悩みへと変化していきました…。

f:id:ayanorosa:20180512093613j:plain

*1年目

メキシコ行きはあっさりと決めました。「そうだ、メヒコへ行こう」と閃いたらそのまま進むのみです。

昔々に1年住んだカナダのときもそうでした。「行かなくちゃ!」と思った翌日には資料を集めオフィスを訪ねていました。そういう縁があるからこそ自分関係なくスムーズに事が運んだんだと思います。

昔から、これがしたい!と、浮かんだら決断と実行力はある方なんだと思います。やる気が起きるまでは自分でも引くほど怠け者ですけど(笑)

 

なぜ日本で生活するはずがメキシコ行を決めたかと言うと、理由は2つです。

ひとつは、嫁として夫の国をちゃんと知りたい。

もうひとつは、夫のキャリアを応援したい。

 

私は日本にいた時に仕事柄、メキシコ人と関わることは多い方でしたが、メキシコへは行った事もなければ文化も言語も何もしりませんでした。数年でも住んでみて夫の国を知るのは嫁としてやるべきじゃないかと思ったのです。

 

そして夫のキャリアと言うのは、婚約後の遠距離恋愛中に、夫がメキシコで良い役職の仕事に就けたのです。日本の滞在中に得た知識や経験を活かせるものでした。当初、夫は「ここで働くのは、日本に移住するまでの数か月間」と言っていましたが、私はモヤモヤ。

「せっかく良い職に就けたのに、日本移住のために夫からこの機会を奪ってよいのか…」と私は思いました。日本で出会った私の責任として、夫の仕事を応援しよう。キャリアを積むまではメキシコで支えよう。そう思いました。

 

この私の真面目な二つの理由ですが、夫に理解されずケンカにもなりました。後々になってお互いを優先するあまり誤解が生じていたと二人で気づきました。

 

1年目はすべて夫のため、嫁としてどうあるべきかを優先した決断でした。

 

*2年目

1年目に夫の転職、お義父さんの会社を継ぐ話、友人のビジネスサポートなど、色々ありました。夫の仕事を応援するためにメキシコに来たというのに、これです。

 

結婚前に全部決めとけよ!!!!

 

詳細は書きませんが、「軽く詐欺じゃね?」と心では思っていました(笑) 

1年目のごちゃごちゃから2年目は少し落ち着いたから良かったです。というか、この振り回されるメキシコ事情によく耐えたなぁ、と。

 

色々は困惑とストレスから、2年目は「私は家族と友達から離れて、仕事を辞めてメキシコに来たのに…。」と思うようになっていました。

 

なんでメキシコの文化や習慣を理解しなければいけないんだろう?

日本の常識を振りかざすのがなぜ悪い?

夫が味方じゃなければ、ここにいる意味って何だ?

 

なんでここで耐えなければいけないんだろう?と思うようになりました。メキシコに慣れてきたからこそ、疑問や上から目線の気持ちが沸くのです。

 

ただ、これは自分で決めたこと。

「メキシコに来てあげたのに」、そのセリフだけは夫に言わないようにしていました。

 

でも言っちゃいましたけど(笑)

「夫を信じて一人で来たのに!ひとりでここにいる気持ち考えて!!」と…。一度言うと2度目から簡単です。すぐ言っちゃう。

 

夫は私の決断とここにいることに感謝してくれています。

その気持ちを持ってくれているだけで、私もありがたいと思わなければいけませんね。

 

今はその感情も落ち着いています。

メキシコに来てあげたのに、という気持ちも時々ありますが、今は「これから将来はメキシコにいるべきか、日本にいるべきか」を考えなければいけない時期です。

メキシコ来た理由はもうおしまい!これからを考えなければ!

 

結婚に対して

重複しますが、スピード婚約からの遠恋からのメキシコ移住でしたので、正直、夫のことを知らないままメキシコに移住しました。だからこそ、 "結婚とは "と今でもよく考えてしまいます。

f:id:ayanorosa:20180512103004j:plain

*1年目

私は、結婚後にマリッジブルーになりました!

結婚までは勢いがありましたので、迷いなく進んでいきましたが、無事に入籍出来てホッとした後から不安が募るようになりました。

 

移住して二人で新婚生活を始めた頃、いつも思っていました。

「Amor(夫)は、なんで私を好きになったんだろう?」

 

なぜ私と結婚しようと思ったのか。それを日々考えていました。

結婚生活をうまく続けたいと思ったいたのです。だからこそ、夫がなぜ私を好きになり結婚しようと決断したのか、その理由が欲しかったのです。

 

そんな時はいつもプロポーズの言葉を思い返していました。

 

夫からのプロポーズは、日本語でした。そして長文!

「あなたは私の話をいつも聞いてくれ、優しくしてくれて、そして…」と、私の良いと思ってくれていることを話してくれました。

それが答えだと思います。

 

なので、夫との結婚生活には、私は、夫がプロポーズで言ってくれたような女性であるべきなんだと思っています。

 

*2年目

夫婦ともに、遠慮が少しづつなくなり、言い合いも増えました。それは悪いことだとは思いません。初めの頃はお互いに謝りまくって気を遣っていたので、それはやめて言い合おうと夫婦で話し合いましたから。

お互いに優しすぎるんだと思います。どこの夫婦もそうでしょうね。

 

「なんで私を好きになってくれたんだろう」という受け身の姿勢は今も変わらずあるものの、「なんでプロポーズした!!」と責める気持ちがある日もありました。

 

もっと人生設計をしっかり立てた上にプロポーズしてくれれば良かったのに!幸せにするって言ったじゃん!と…。

 

いや、幸せですよ?

幸せですけど、メキシコ結婚生活は色々ありすぎて、なんで結婚したんだろうって気持ちが出てきちゃったんです。

カナダに住む予定だったのになぁとか、日本でOL生活が恋しいなぁとか、他の世界がとてつもなく眩しく見えていました。

 

夫も独身時代の方が楽だと思うこともあるようです。お互いに30代で結婚したので、そう思うのも仕方ありません。

 

国際結婚の大変さも、だんだんとわかってきました。

手続きひとつとってもめんどくさいですし!言語、どこに住むか、習慣の違い、国民性の違いetc。男女の違いだけでも大変なのに、さらに理解しなければいけないことが沢山。

好きな国ならともかく、メキシコは私のタイプではないですからねぇ(笑) 困りました。

 

だからと言って、別れたいとは思いません。夫以上に私を想ってくれる人はいないと思っていますので。こんなアドベンチャーな人生、他になかなかありません。

夫婦共に普通の結婚生活はつまらないと思うタイプのようで、「お互い、同じ国の人と結婚したらもっと楽だっただろうけど、国際結婚のほうが面白いよね」と、時々話しています。

 

後悔はしてないけど、他の道もあったのかと考えてしまう。でもそれは考えたって仕方ない。

2年目は慣れといろいろな感情から夫を責める気持ちを出してしまいましたが、3年目はそうならないようにしたいです!

 

夫に対して

結婚して夫に対する見方が色々変わりました。良くも悪くも(笑)

f:id:ayanorosa:20180512131030j:plain

*1年目

こんな川柳を思いつきました。

良い人も

実家に帰れば

ただの人

 

結婚までは、紳士的な優しい人だと思っていたんです。メキシコに移住して、夫の実家行く機会も増えた時に気づきました。

実家に帰ったら、私のこと全無視!!!!

スペイン語がわからないって知っているのに、家族に夢中で通訳無し。時間にルーズなのが実家にいるとさらにルーズ。

夫のTheメキシコ人息子の様子に、川柳が頭に浮かんでおりました(笑)

 

1年目は何度も何度も何度もお願いしました。ケンカもしました。

私のお願いなんてシンプルなもんです。

①通訳して

②無視するな

③時間を守れ

これだけです。それが難しいんです、夫にとっては。でも悪気は無いんです。

 

1年目に夫にこれをお願いするのは無理だと気づき、早々に諦めました!(笑)

でも夫は諦めていないらしく、毎回「改善したい。Ayanoの言うとおりだから、Ayanoが諦めてもぼくは諦めない」と当初は言ってくれてました。

 

通訳は正直、諦めてます。何度言っても、話に夢中になると難しいようです。時間を守るのは、しつこく言っているおかげで、だいぶ改善してきました!

 

夫のことをちゃんと知ることが出来たのは、結婚してからです。良い面は結婚前も後も変わらずでした。それは本当に良かったです!

 

そしてメキシコで弱い私ですが、夫のことを守ろうとしたことがありました。ただ相手文句を言おうと立ち上がっただけなんですけどね。夫の気持ちを考えて眠れなくなったり、夫のために怒鳴ろうとしたり。

嫁として強くあろうとしている自分に気づいたときは嬉しかったです。

 

*2年目

夫に対して申し訳なく思うようになりました。よく泣いたり、強く言ったりする私に、夫もどうしたらよいか分からない時期があり、夫を悩ませてしまいました。

 

いや、私は悪くない。悪いのはメキシコとこの国の習慣なんですけど。

…と思う、この心がすでにダメですよね。

 

夫は常に優しいです。

私が風邪を引いたとき、ストレスで過呼吸になったとき、いつも私をケアしてくれました。その度に、「夫に感謝して生きよう」と思いました。

でも気を抜くと、ついついキツイ口調になってしまって… これは私のダメなところです。2年目になって、夫婦関係に慣れたのは良いことですが、その反面、私の態度が強くなっています。どこの奥さんもそうだと思いますけどね!でも、早めに修復したいなと思っています。

 

自分をどうコントロールすべきか、それが私の日々の課題です。

 

ひとつ気づいたのが、夫も強くなりました!私の涙と怒りは、ここぞという時に出そうと思います。常に出すと夫も慣れちゃう(笑)

 

2年目はネガティブで強気な感情が大きかったですが、良いこともあります。

 

夫婦で色々とさらけ出せるようになり、笑いは絶えない夫婦だと思います!

そして、私はお母さんのような気持ちになります。

夫にいつもお母さんレベルで心配したり口出したりして、「お母さんか!」と夫に笑われます。

夫のことはお見通しです!彼がサプライズしようと企んでいる時もだいたい気づきますし、怒っている時悩んでいる時も言わずして察することができます。もちろん100%ではないですが。

いつも気づかないフリをしています (^^)

 

夫の意見や考えは、私の予想を超えることがあります。予想以上に優しかったり、頭の良い(スマートな)考えだったり。

そこには、出会った頃から今も尊敬していますし、新しい発見が私にとって学びになります。気づきが多い関係は面白いです!

 

f:id:ayanorosa:20180512134743j:plain

手紙が枕元に!

…1年目は手紙をもらったけど、2年目は無かったような気が(笑)

 

変わらないこと

f:id:ayanorosa:20180512140828j:plain

メキシコに来てから変わらず思っていることは、

「ご飯だけはちゃんと作ろう」です。

 

私は料理がそんなに得意ではありません。超庶民なご飯しか作れません。ですが、料理だけはちゃんとしようと思っています。

結婚してから、「夫の健康は私にかかってる…」と思うようになり、1年目は料理の基礎をよく調べていました。知らなさ過ぎて。

味噌汁の味噌はどれくらい?塩分量は?お米の正しい研ぎ方は?これまで適当だったのが結婚して気にするようになりました。他の奥さんからしたら当たり前だと思うので恥ずかしい限りですが、私はメキシコでそこから始めました。

 

サボるときもあります、そんな時は夫が作ってくれます!

1度サボったら次の食事は必ず作るようにしています。ケンカしても作ります。それだけは主婦として変わらずやっていきたいです。

もう少し、腕を上げられたら!

 

もうひとつ変わらずにやっていることは、

夫が出勤する時に、肩を3回たたく。そして外で手をふって見送る。

 

3回たたくのは理由がないのですが、なんとなく、元気を出してもらうために叩いています。今では自然に夫から私に背を向けて「お願いしまーす」と言ってきます!そしてハグして、夫が車に乗った後に、手を振って見送ります。

必ず日本語で「いってらしゃい、またね!」と言います。ちゃんと帰ってきますように、という気持ちを毎日込めています。

 

まぁ、これは普通ですよね。

普通のことですが変わらず続けていきたいものです!

 

まとめ

こうして振り返ると、1年目は可愛らしかった気がします。

常に受け身で、私はどうしたらいいだろうかと考えていました。しかし2年目は慣れてきて良い面悪い面が見えてきた分、ストレスもたまり、私のダメな部分が出たなと思います。

「メキシコが私を変えたんだ!」とよく叫んでいます。あ、悪い意味ですよ(笑)

 

夫が優しくなければ、とっくに帰国していたと思います。結婚2周年をお祝いできたのも忍耐強く守ってくれた夫のおかげです!そして家族と友達の支えのおかでです。

ブログに書くことによって気持ちを整理できたおかげでもあります。読んでくださっているみなさんにも感謝です。

 

夫と結婚は大変だねと言いながらも、大爆笑して小躍りして楽しんでいる日々。この楽しい時間を大切にしていきたいです。

悩みは尽きませんが、3年目もがんばります。1年目2年目の反省を活かせれたらと思っています!

 

優しく穏やかな奥さんになるぞー!

 

アヤノ ロサ