アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

メキシコ生活1年半…え、過呼吸!??

f:id:ayanorosa:20180308124648j:plain

メキシコからこんばんは、アヤノです。

 

「メキシコに国際結婚で移住してから1年6カ月だなぁ…」と思っていたこの頃。

日本でもいい、カナダでもいい、とにかくこのラテンテンションから離れたい!!先進国へ!…というメキシコからとりあえず離れたい気持ちが募る募る(笑)

あと、騒音騒動以来、夜に家にいるのもしんどいんですよね。夫、今週も夜勤務ですし。

 

モヤモヤイライラフラフラした気持ちが込み上げては、自力で抑えることを今年に入ってからしているんです。

 

そうしたら、ついに今日!!!!

 

え、私、過呼吸じゃない!???

 

震える手に恐怖を覚えつつ、「やだー、久々!」と懐かしい気持ちにもなりました。

過呼吸の思い出と今日の出来事を書きたいと思います!もう…誰得のブログだろうか!

 

目次:

 

呼吸ってどうやるの!?新人時代

過呼吸と言いますか、呼吸の仕方を忘れた経験があります。

びっくりしますよね、人間として必要不可欠な無意識でやるべき呼吸を忘れたんです。生きててよかった!

 

それはデザイナーアシスタントとして、慣れない社会人生活に頑張っていた頃のことです。デザイナーが定時で帰ることはまずなく、ひどいときは日をまたぎました。先輩が鬱気味になりデザイン部から営業へ、同僚が胃に穴が空きかけて退職、という年でした。

 

私もマイペースに励んでいたんですが、会社が合わなかったんでしょね。

毎日決まった時間に呼吸がおかしくなるという変な症状が出ました。確か、午後1時か2時だったと思います。

 

過呼吸なのか何なのか。

「あれ?どうやって普通に呼吸するんだっけ?」と、MACで作業中に突然思うんです。とにかく深く長く呼吸を繰り返し、しばらくすると普通の呼吸に戻り作業再開。少しの時間なのであまり考えずに終わり、でも翌日同じことがあるという変なくり返しでした。

 

この時期には色々な症状が出まして。

隣の席にいた心許せるWebデザイナーAさんとこんな会話をしたのを覚えています。

私:「ねぇAさん、私なんだかここら辺が痛いんですけど。」

A:「腹痛?詳しくどんな感じ?」

私:「真ん中のここら辺がキリキリする…なんですかねぇ。」

A:「それ、胃だよ。ストレスじゃん(笑)

私:「ぉお!これがストレス痛!」

 

若き乙女時代、胃の痛みやストレスなど考えたことがなかったので、先輩に言われて初体験だと感動した覚えがあります(笑)

 

あとは、不眠症や食欲がなくなったりですかね。

退職希望を言った途端に全て改善しました!!

 

あの経験のおかげで私のキャリアはぶっとびましたが、こうして面白い人生を歩んでいるので感謝です。

 

メキシコで過呼吸!?の今日

冒頭でも書きましたが、とにかくメキシコから離れたい病が止まりません。正直帰国も考えましたが、帰りたい気持ちと負けたくない気持ち、そして諸事情により、今もここにいます。

ストレスを一回ゼロにしたいんですけど、ずっと心にある感じです。今年に入ってからずっとです。

 

以前の騒音騒動が私の地雷を踏んだんですよ…。まじでルイス!あのデブ!(怒)

 

色々なことに敏感に反応してしまう状況です。

 

朝は前向きに活動的にしていますが、午後の夫が出勤する時間が近づくとだんだん憂鬱に。夜ひとりは嫌いじゃないですし、これまでは良かったんです。

しかし、最近は騒音ルイスが隣の家にいると思うと、なんだかドキドキするんです。

…恋の方じゃなく動悸でね。

(昔、お向いさんのDavidさんにドキドキしたなぁ…あれは恋心だったかな。)

 

ルイスは最近は大人しくなったので本当は気にする必要ないんですが、もう騒音騒動があったことでトラウマというか病気です。

でも、夫に心配かけたくないし、帰国せずメキシコで頑張ると決めたばかりなので、悪い気持ちを抑えて気丈に振る舞おうとしていたんです。

 

理系に解決策を迫らないで夫よ。

悲しい顔しないでお母さん。

これでもがんばってるんだよ私。

規律を知ってくれメキシコ人よ。

教育を考えようメキシコ。

てか、だまれルイス。

 

メキシコの異常を受け止めては流すふりをして、ネガティブな心のフタを閉めたはずなのに、ポーンッ!

 

今日の午後、ランチ支度中に涙が出てきました。

何に泣いてるのか何が悲しいのかわからない状態で!

 

出勤前の夫が「こっち来て!」とハグをしてくれましたが、それも効かず。涙が止まらない!

そしてだんだんと呼吸が荒くなっていきました。。。

 

それから過呼吸状態に。

自分でも「えーーーー!!」と心の中で驚きです。呼吸は荒く、酸素が足りてないのか手が震えてきて自分でも怖かったです。「こわいこわい!」と連発して、夫に抱き着いて何とか呼吸を整えようと慌てる始末。

 

横たわった私に、冷静に夫が「Look at me!吸って!吐いて!」と深呼吸を指示してくれて、やっと落ち着きを取り戻しました。涙も出るし、もう放心状態。

 

何だったんだ、あれは!!

自分でも本当にびっくりしました…。

 

でもね、ここだけの話…

 

この過呼吸始まりは、若干私の演技も入っていたんじゃないかと思うんです

「大げさに泣いたら夫は理解してくれるかなー」っていう計算が入ってたんだと。女性って無意識にそういうとこあるじゃないですか(笑) 夫には言えない!

でも、あくまでも"思う"です。

それできっと、カラダが「それなら派手にやりますかー!」と身体能力勝手に発揮して過呼吸状態にさせたんだと思います。

それともずっと心に溜まったるストレスを追い出そうとしたのか。

 

思い返してもわかりません。

ネガティブな気持ちにフタをするのはおすすめしません。身を持って体験しました。ストレスは出すか消すかしないとダメだ!!

 

過呼吸から8時間後の今

モヤモヤした気持ちは無くなりませんが、呼吸は大丈夫です。溜息は増えてます。

作りおき料理もしましたし、最近知り合ったお向いさんと1時間くらい話せて少し気分転換できました。

 

こうしてブログも書けていますしね!

 

実は過呼吸で大変だったんですが、少し落ち着いてきた頃に「これブログに書こうー。どうやってポップに書けるかなー…」とベッドで一人横になって呼吸を整えながら考えていました。

心配で私を見つめる夫に申し訳ないので、私は本心は言わずに静かにしていました(笑)

 

でも、そう思えているってことは何だかんだ大丈夫ってことですよね。まだ心は元気なんだ!って思いました。

 

ほんと…何がそんなにストレスなんだか。

移住したときからの色々な出来事が積み重なって今の私の状態になっているんだと思います。

 

頑張る気持ちは今は捨てます。とにかく心身の健康第一で!

 

アヤノ ロサ