アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

<ご近所トラブル>メキシコの騒音はイライラを越えて心労

f:id:ayanorosa:20180213133345j:plain

メキシコからこんばんは、アヤノです。

 

ここに住んでから悩ましいこと。それは、

 

騒音問題!!!!

 

メキシコといえば、騒音。移住した人みんなが大なり小なりイラっとしたことがあると思います。

私はこれまでは、「郷に従えで、仕方ない」となんとか我慢できていたんですが、最近増して激しくなってきまして…。

 

先週金曜にストレス大爆発!

 

今回はジェネラルなメキシコの騒音について、紹介します!個人的な詳細は後日じーっくりネチネチ書かせてください(笑)

 

目次:

 

パーリーピーポー多すぎな件

文化の違いとしか言いようがないのですが、ラテンのお国ですので、フィエスタ ( パーティー) 好きが多いメキシコ。週末に家族や友人と家で集まってフィエスタなんて当たり前。

これは素敵な文化だと思うんです。

家族を大切にして、お誕生日会だったり、親族と集まって食事を共にする。昔の良き時代のコミュニティ文化じゃないでしょうか。

 

問題は、時間帯と音量です。

 

メキシコ人は「子供がいるからデイタイムで夕方には終了」ってことが一切ありません(笑) 午後遅めに集まって、深夜まで続くことがざらにあります。

集まって2時間で終了したことは無いでしょうね。4時間以上、最悪は朝までコース!家の中でこじんまりやってくれれば良いのですが、庭や玄関前でBGMの音量MAXでBBQやったりダンスしたり。週末デイタイムならまだ理解できますが、夜通しですからね。

 

内向的な私ですが、メキシコ嫁ですので、もちろんフィエスタあります。夫の実家へ行ったときの親族集まりは4~8時間くらいです。…脳と心の扉に鍵かけて帰ります(笑)

ちなみに、騒音に関して言いますと、私の夫の家族は何の問題もありません。お家が大きいのでね!…一応言っておきますが、自慢ではないですよ。私の家ではありませんので!私たちの家は超一般的です。

自分の家の規模を考えてそれなりの配慮でやれよって思います。

 

メキシコでフィエスタは当たり前の文化。

フィエスタの大音量の音楽と人々の笑い/叫び声は、「騒音」と言いたいところですが、ここでは仕方ありません。

私は、「週末のフィエスタは理由ある音」と見なしています。週末は、ね。なので、うるさいと思う時もありますが、まぁいいでしょう。仕方ない!

 

家のスタイルで騒音の規模が違う

メキシコに限らずですが、一軒家・マンションで騒音の音量が違うかと思います。

夫の実家は一軒家で広い庭があります。ご近所さんはさらに大きなお家!フィエスタやっていても気にならないレベルです。

 

レジデンシャルエリアで同じ家が何軒もつながって建っているような家は、騒音問題はかなりあります。

私の住んでいる家がそうです。

 

ひとつの町が塀で囲まれているような感じです。そして高圧電線もあり。住人専用の大きなゲートがあります。セキュリティ面で考えたら、私は安心できるので好きです。(でも住人が盗人ってケースもあり。笑)

しかし、隣同士がつながっているので、お隣と壁一枚隔てているだけ。

家にいて、普通にお隣さんの声が聞こえます。(うちの隣人、声が大きいので。)

 

さらには、貧富の差が激しいメキシコ。

家賃の高いエリア、中間エリア、激安エリアでは、住人の雰囲気が全然違います。

私は一カ月だけ激安エリアに滞在したことがありますが、ひとりで家の中にいても落ち着きませんでした。誰かが入ってきそうで!セキュリティの壁壊れてたし!

子供たちが夜遅くに道で遊んでいるし、無許可でOpenしているお店もけっこーありました。ずっと賑やかです。幸い、隣が空き家で静かでしたけどね。

 

生活音はどうしても漏れます。それはどこでもあります。先ほど言ったようにフィエスタも大切なイベント事なら仕方ない。

でも、それ以外の配慮にかける音は騒音でしかないですよね!

 

「騒音」って言葉、知ってる?

日本のニュースでたまに問題になりますよね、"騒音おじさん/おばさん" 。ベランダで叫びながら大音量の音楽を流すおばさんをテレビで見た時は、ドン引きでした。

 

でも、あれ、可愛いもんですよ。

日本での騒音の音量、メキシコでは小さい!

(もちろん、どんな音でも不快でしたら、大きさは関係ないです。他の住人にとってはストレス!!)

 

メキシコの私の家の場合、お向いさんの大音量音楽で、私の家が振動で揺れることがあります。窓ガタガタいっててびっくりしました!

 

日本の騒音の良いところは、

「自分は騒音を出している」って認識できるところ。

「騒音は近所迷惑」という常識があるところ。

 

自分がうっかり大きい音を出してしまい、ご近所さんに注意されたとします。その時には大体の人が、自分がうるさかったと気づき今後は気をつけることでしょう。

ご近所さんの内、一軒がいつも騒音を出していたら、違うご近所さんと「あのお家、うるさいよね。騒音どうにかならないかなぁ」なんて、相談したり気持ちを共有出来たりできます。

 

「騒音はダメ」って世間の根底にあるから、人に注意も出来るし、自分も気をつけることが出来る。

 

メキシコも、その常識がある人もいますが、常識無い人の方が遥かに多い!

偏見じゃないですよ。メキシコ人の夫もそう言っているくらいですからね。

 

よくあるエピソードです:

*外国住民がメキシコご近所さんに"静かにしてくれ"と注意したら、「せっかくの楽しい気持ちがしらけた」と返された。

*メキシコ人は注意されても無視

*注意したら、ますます大きな音を出すようになる

*注意した人に嫌がらせ、または物を盗む

 

反省ってものは基本なし。そういう人達にとっては、騒音概念が無いので、注意されても何が悪いのかわからない。最悪、怒られたことに腹を立てて逆切れです。

注意した人が悪い/正論を言う人が悪い、がメキシコ!

 例えば、騒音で警察で通報も可能ですが、日本のように働いてはくれないでしょう。「え?うるさいから連絡してきたの?」的な感じになるらしい…(メキシコ人が言っていました!)

 

一般的に、"自分が大きい音を出したら、周りは迷惑だろうか? "とは考えないのでしょうね。

 

私のメキシコ人の友人はマンションに住んでおり、以前は騒音に悩まされたそうです。

彼曰く、「深夜に住人がとてもうるさくて眠れなかった。だから翌朝早くに、マンション下に停めてある車でガンガンに音楽を2時間鳴らしてやった。でも誰も注意しにこなかった。」とのこと。

温厚そうな人なんですが、なかなか強い!

 

メキシコ人の多くは、「自分も自由に音出すから、あなたもどーぞ」精神なのかな…。いつもうるさいメキシコ人が逆に被害を受けた時、どんな気持ちになっているのか知りたいです!

 

最後に

すみません、今回は、かなりメキシコを悪い面を最大に押して書いてしまいました。(…いつもかな。)ストレスすぎて!

私の偏見も多少含まれているかもしれませんが、「メキシコ騒音に関しては何を言っても無駄」と思っています。そのがんばって理解を示してきた私だから、余計にストレスたまったんでしょうね…。もっと初期段階から、自分に素直になって反発すればよかった…。

 

冒頭に書きましたが、金曜にストレス大爆発です。

 

叫んで壁蹴りましたー。笑

 

心身共に疲れ、真剣に帰国しようか考えた週末でした。今も音に敏感になっていて自分でも嫌になってしまうほど。はぁ。。。

 

個人的に起きた騒音問題は次回書きたいと思います!

 

アヤノ ロサ