アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

日本語レッスン最終日!メキシコママに戸惑った2カ月間

f:id:ayanorosa:20180801091547j:plain

メキシコからおはようございます、アヤノです。

昨日、自宅での日本語レッスンが終了しました!2カ月限定でメキシコ女の子に教えていたんです。

楽かと思って引き受けたら…正直しんどかったです。嬉しいここともありましたが!

学んだことが多かったので、記録として書きます!

 

目次:

 

レッスンのきっかけ

メキシコ人ママが "12月に日本へ行くから、娘と一緒に日本語教えてくれる人を探している" ということで、私に声がかかりました。この時、9月中旬。

 

ママの名前はLisさん、娘さんはAiちゃん。(どちらも仮名)

 

その方はもともと私からは遠く、私の友人の友人のママ友。私の友人はLisさんを知りませんでした。

"日時や場所などの条件は私が決めて良い、ただ1レッスン2時間×週2回としっかり学びたい"と、友人から伝言で聞き、やる気のある親子だなぁと感心。そして12月までの2カ月間という限定なら私にも出来るなと思い、引き受けることに。

 

WhatsApp(LINEのような連絡アプリ)で、Lisさんと直接メッセージを送り合い、すんなり決定!

 

決めたことはこちらです。

*レッスン日:金曜17-19時、土曜11-13時

曜日はLizさん希望、時間は私から提示してから相談して調整

*場所:私の自宅

Lisさん宅とは離れており、タクシー代も出してくれると言ってくれましたが、私の自宅にしました。往復時間がもったいないので!

*レッスン料:(^U^)

準備と教える時間から考えたらボランティア活動(利益を取らないと自分で決めました)

*期間:9月後半~12月

終了日は決めてませんでしたが、12/1最終と私が途中で決めました

 

最低限の必要なことはしっかり決めることが出来たと思います!

 

初めてゼロから教えた日本語

結局、親子に教えるというわけでなく、Aiちゃん(娘さん)ひとりのプレイベートレッスンでした。(友達の伝言ちがーう!)

Aiちゃんは、13歳のメキシコ人。

カナダに住んでいたこともあり、英語とスペイン語がネイティブレベル。

カナダ好きな私にとってはすぐに親近感…☆

アニメが好きで日本に興味があるものの日本語の知識はほぼゼロでした。

 

ということで、

私にとって初めての子供へのレッスン、初めてのゼロからの日本語教授!

 

数か月前まで教えていたメキシコ人友人は日本語が中級で、しかも日本語テキストを持っていました。そして大人で常識ある女性でしたので、レッスン進行はとっても楽でした!

その時の様子はこちら

ayanorosa.hatenablog.com

 

今回は、ひらがな・カタカナの説明からです。

Aiちゃんが英語出来て良かったー!ひらがな・カタカナの違いを私が13歳の子にスペイン語で言えるわけがない(笑)

ひらがな&カタカナ

f:id:ayanorosa:20171202095633j:plain

練習ノートです。自作!データはフリー素材を使用しました。

 

我が家には夫の日本語テキストが色々あります。それを使おうと思いましたが、13歳には難しく、そしてレッスン期間が2カ月間と限りがあり。

日本旅行前のレッスンでしたので、基礎を固めつつ、旅行で使いそうな日本語を教えていくことにしました。

 

通常のテキストでは進行がうまくいかない(2カ月限定のため)と思い、テキストは自分でWordで作成です!

 

自作教材 

f:id:ayanorosa:20171202101006j:plain

時々スペイン語or英語の説明をつけてあります。

口頭での説明はほぼ英語にしました。

 

日本語教授は難しい!特にゼロからというのは、どういう方向でやっていこうか悩みます。今回は、私にとって初めての経験でしたので迷うこともありましたが、やってみてコツを掴むことが出来ました!

 

マンツーマンはどうだったのか

日本語教授法は独学で勉強したことがあります。1.何をどんな風に学びたいかは相手によって違う。2.上から目線で教えない。これが本の冒頭に書いてあり、うなずけることでしたので今回は特に1を重視しました。

 

Aiちゃんは、素直で可愛い女の子でした。アニメが好きってところで、何か例を上げるときにアニメ関連で言うと興味を示してくれたので良かったです。

 

しかし…

彼女はメキシコ人。

日本の常識と違うので、レッスン中の態度が…悪かったです。

聞いた話、メキシコの学校では先生がデスクに座って話すときもあるし、のんびりモードな時が多々あるそうです。学校が、先生がそんな環境じゃぁね…子供もそれが常識だと思うでしょうね。

そういう環境で皆育っているので、生徒としての態度とか関係ない。悪気無く、肘をついて聞いてたり、あくびをしたり。そしてまだ子供ってこともあり、音に敏感で集中力が続かない。

(日本の子供ってお行儀良いですよね。関心しちゃう。)

 

(聞いてるのかな。つまらないのかな…)と心配になるときがけっこうありました。

注意したくなりましたが、13歳に日本の教育を言うのも違うかな、と。うまいこと誘導しつつ、いかに楽しく日本語を頭に入れるかを常に考えてやりました。

もう毎回試行錯誤でした。何でも初めてって大変ですよね。

 

手書き練習問題 

f:id:ayanorosa:20171202102409j:plain

これ、私の手書き練習問題です。

単にPCで作るのがめんどくさいってのもありましたが、Aliちゃんはイラストを描くのも好きな子だったので、「これ私が描いたんだよー」といいながら、興味を惹きつけつつ練習させていました。

 

態度で悩んだり、どうやったら覚えてもらえるかと試行錯誤でしたが、子供ってやっぱりすごいです。

過保護にやりすぎる必要は無いんだと気づきました。

私の想像以上に理解してくれていたり、面白い質問をしてくれたりします。

私も楽しんで日本文化や言語を教えることが大切なんだなーって気づきました。Aliちゃんと日本語で少し話せたときは嬉しかったです。

「ゼロから始めて、今はコレが言える!」と思ったらレッスン頑張って良かったと嬉しくなってしまいます。

 

テキストの表紙は本人が書き込み 

f:id:ayanorosa:20171202103018j:plain

表紙はAiちゃん自身で書きこんでもらいました。

 

昨日は最終日でしたが、旅行に関する共有も出来たし楽しく終えることが出来ました!

 

メキシコママにイライラ

終盤で少し私の苦労話をさせてください…。

Aiちゃんママ、Lisさん。笑顔が素敵で私に100%任せてくれた人です。

しかし、しかし!

意志疎通が出来ないことが色々あったのです。分けて書きます。

 

①約束を守ってくれない!

レッスン開始前に約束した金曜夕方・土曜午前の固定レッスン時間。一度もそれ通りになったことがなかったんです。

毎週、レッスン前日に私からレッスン時間を聞かなければいけませんでした。まぁ、その分、私の都合も言えたので良かったですけど。

「金・土の固定レッスン時間、なんで約束したんだろう、なぜLisさんはOKって言ったんだ!」って毎回思っていました。

 

びっくりしたのは、祝日の朝に急に"今日10時にレッスン行っていい?"というメール。月曜とかだったかな。もちろん、断りましたけど。私にも都合ってもんがあります!

 

向こうから"週2しっかりやりたい"、と言ったのに、急に"明日は大事な予定がある"とかでキャンセルです。それを、前日にレッスン時間確認を私からメールでした時に言ってくるんです。大事な用事なら早く言えー!!

 

②絶対遅れる!

約束を守らないの続きになりますが、レッスン時間に必ず遅れて来るんです!

11時からのレッスンだったら11:20に来ます。Lisさんは送り迎えだけで、レッスン中はLizさんはいません。レッスン後に迎えに来るときも15~30分遅れてきます。

一度、"毎回待つのは嫌いだ"とお伝えしました。

 

でも、その後も遅れてきました(笑)効果なし!メキシコは基本時間を守りません。これはLisさんというより国ですかね…。プレイベートレッスンなので無視は出来ず。疲れました!

 

最終日の昨日は、当日にいきなり時間変更して良いかを聞かれ、1時間早い時間に変更。向こうからのお願いだったのに、結局30分遅刻してきました…。最終日まで遅刻!さすがにイラっとしたので、来た時Lizさん無視してAiちゃんにだけ笑顔で挨拶しました。(私も大人げない!)

お迎えも20分遅刻でした。でも最終日ということもあり、私から握手とハグをして、"日本旅行楽しんできてね"と笑顔でお別れをしました!

 

③何がしたいのかわからない!

当初、友人からの伝言でレッスンを誘われたときは、「日本旅行へ行くから、それまでしっかり勉強したい」でした。

何をメインに学びたいか聞いても"お任せ"、何日までレッスンしたいかも提示してもらえず。結局、私が決めてLisさんとAiちゃんに報告し、Okが出てから進めました。

 

ところが、レッスン中盤の開始から一カ月経った頃。急に分厚い日本語の本を持ってきまして。

"Aiちゃんのパパが昔日本語を勉強してたから家に本があった" と。

見たら子供には難しく、2カ月のレッスンでは不要な内容。いきなり本だけAiちゃんから渡され、Lisさんからも何も説明がなかったんです。

 

何をしてほしいのかわからない…。

 

日本人である私は、相手の行動から相手の気持ちや意図を考えてしまいます。日本人はだいたいそうですよね!

突発的な相手の行動、しかも説明なしは本当に困ります!

この本はお返ししました。「状況考えたらこんな難しい本使えないよね」ってズバッと言いました。

 

他にも急に日本パンフレット渡されたり。

これをどうしたいのか教えてくれって思いました(笑) 事前連絡も当日説明もなしです。毎回何か起きた時は、私から質問しなければいけませんでした。

 

突然のキャンセルなどから、(Lisさんは日本語レッスンに興味がないのかな…)と思いながら2カ月やりきりました。頼まれて引き受けたのに興味の無い態度、こっちのモチベーションも下がりますし、何とも言えない気持ちで続けました。約束通り2カ月はやりとげたので私としては責任は果たしたつもりです。

 

最終日の昨日、Lisさんはこれまでの事などなかったかのように、"来年も続けてくれるよね!"って笑顔で継続依頼。

え、2カ月って約束だったじゃん!?しかもレッスン気に入ってくれてたの!?

私は最後までLisさんがわかりませんでした(笑)

 

ちなみにパパは、ロシア人で、英語もスペイン語もOK。日本語にも興味がある方でした。パパがお迎えのときは、必ず彼は車から降りて、私の家にやってきてくれて私と色々会話してくれました。

Lisさんは車から降りませんでした…。小さいことですが、私はそれすらも嫌いでした!

パパとは気が合ったんだけどなぁ。。。

 

すみません、ネガティブな発言が多くて!おしまいにします!

 

レッスン全体の感想

文化や価値観の違いから悩むことが多かったレッスンでした。グループレッスンでしたらそこまで気にしなくても良いのかもしれません。マンツーマンなので意識はそこだけに向けなければならず、無視も出来ませんでした。

でも、経験させてもらえて良かったです!

教えた相手が成長するするのを見ると嬉しくなりました。Aliちゃんと仲良くなっていくのも感じられましたし!

 

私が思ったことは、

*子供にゼロから日本語を教えるのは大変

*メキシコ人はレッスンすら時間にルーズ

*少人数グループレッスンがいい

*日本語を教えるのはやっぱり面白い

です。

 

来年の継続お願い…保留中です!

"連絡取り合って決めましょうね!"とLizさん喜んで言ってましたが、きっと来年になったら忘れるんだろうなぁ。これまでの流れでだいたいわかるよ(笑)

 

とにかく、今年のレッスンは昨日で終わりました!

おつかれさまでした、私!

 

最後にAiちゃんと撮影

f:id:ayanorosa:20171203011142j:plain

会えないのはさみしいなぁ。

このファミリーが日本旅行を安全に楽しめますように!

 

アヤノ ロサ