アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

自分を解放して楽しむために大切なたったひとつの行動

f:id:ayanorosa:20180802095040j:plain

メキシコからこんばんは、アヤノロサです。

メキシコは海外からのビジネス参入により勢い良く発展しています。都市部は日本を超えてる?と思えるほど高層ビルが並び規模も大きい。

とはいえ、大部分はまだまだ、開発途上国です。

 

・治安:安全に見える場所でも盗難当たり前。先日は近所で爆発事件!

・充実していないインフラ:車社会。交通機関まだまだ。道路も砂利道も多い。

・サービス:お客様は神様と思う人など誰もいない。

・言語:英語が衝撃的に通じない(日本以上に通じない)

などなど。

平和に生きていくってどんなにありがたいか。便利な日本が恋しくなります。

 

知識もないまま国際結婚でメキシコに移住した私。

移住してから数か月は、夫が仕事へ行っている間、引きこもり主婦をしていました。

言語もわからない、ひとりで外出も怖い、しかも移動ツールがない。悩みを気軽に友人もいない。

さらには、メキシコの常識が理解できない。けれど「嫁として慣れなければ」という自分自身へかけてしまうプレッシャー。

インドアな私でもさすがに精神的にまいりました…。

 

家にいるのもつらくなり、夜空を見ながら泣いた日々もあります。

…言葉にするとロマンティックですが(笑) 

当時は相当心があぶなかったです。

 

しかし孤独の中でも「きっと良いアイデアがやってくる」と信じていた私です。

今も色々模索中ですが。

 

前を向く方法、ぜひ試してみてください!

ayanorosa.hatenablog.com

 

↑以前のブログで少し書きましたが、数カ月間ヒントを探し模索した日々の中で、ふと気づきました。それこそが、海外生活で楽しむために大切なことでした!

 

大切なたったひとつの行動

 それは、

「自分の好きなことをやる」です。

 

 

何思いました?

 

いや、当たり前じゃん…って思いますよね。

大切なことは「自分の」です。

私は人より割と自由に生きてきた方だと思います。自分なりに楽しんで生きていました。そんな私ですが、こんな当たり前のことを忘れてしまっていたのです。

 

きっかけは俳優の言葉

良い考えが浮かびやすいように、言葉を拾えるようにアンテナを張っているようにしています。広告からでもTVからでもささいな言葉も時に自分を変えてくれるはず。

自分が忘れていた「自分の好きなことをやる」に気づかせてくれたのはYouTubeで何気なく見ていた、ムロツヨシさん×渡辺直美さんの対談でした。

 

ムロツヨシさんのお話をやんわり言いますと、

何年も何年も舞台業がうまくいかない中で、自分自身に問いかけた。

「お前(ムロ自身)はなんで舞台をやっているんだ?」

すると、自分が答えた。

「楽しいからだろ。」

そうか楽しいから舞台をやっているんだ、と自問自答から気づいた瞬間から仕事が楽しくなった。

 

ハッとしました。

そうか、楽しいからか…。

 

自分へも問いかけられたようで。思わず何度も繰り返し観ました。

自分で決意してやってきているはずなのに、行き詰まったり根本的な目標や理由を忘れてしまうことがあります。ムロさんは舞台が好きで、舞台が楽しいから俳優を続けた。売れるために、とか、お客にウケるためとか、色んなことで隠れてしまうけど根本はとってもシンプル。

 

全ては好きなことで成り立っている。

 

本当に好きなことって分かってる?

自分に問いかけてみてください。

 

「自分の好きなことって何?」

 

私の場合、結婚してから無意識に色々なことを我慢していたことに気づきました。

夫を一番に考えることが自然になったゆえ、買い物はしなくなりましたし、家事は夫のため、料理も健康を考えて…で、自分への欲を減らしていく日々でした。

さらには、メキシコの常識(自分にとって非常識)を受けれてなければいかず「これがメキシコだからねー」と平気なフリをしてみたり。

 

といっても、決してツライ夫婦生活ではありません。

新婚ですしね。夫は優しいですし、週末は常に一緒にいてくれる。旅行へも連れていってくれます。メキシコで安全に暮らしているのも夫のおかげです。

 

そこで思ったことは、

「夫に与えてもらった楽しみではなく、自分自身の好きなことをしよう」です。

 

相手が楽しいから、与えてもらったから、○○のために、周りが喜ぶから、この国は○○だから、家族が、友達が…は、今は置いといて。謙虚だった自分を少し開放してみましょう!

 

実際にやってみたことはとっても平凡だった

私は【好きなことWeek】を自分で持つことにしました。

 

さすがに専業主婦が好きなことを毎日やるのはただの贅沢です(笑)

夫が頑張っている中で遊ぶのはそもそも好きじゃない。(それゆえ自分の欲を失くしてしまったのですが。)

普段はしっかり家事もして無駄遣いもしない、"好きなことWeek"の一週間だけは自分を解放!と決め、夫に話したら大賛成してくれました 。思い起こせば、夫はずっと私に好きなことをして欲しいって言ってくれてたな、その言葉すら聞き入れる余裕がなかったんだな。

 

これを決めたら、自然とワクワクした気持ちが!その週を楽しみに、何をしよう、何を買おうと自分自身を喜ばせるようになりました。

周りは関係なく、素直に。何がしたい?と自分へ問いかけて書き出してみました。

 

好きなこと(自分がしたいこと):

・スタバでフラプチーノ

・ひとりでカフェランチ

・メキシコの服を買う

・バスに乗る

・Uberで色々行く

 

わぉ。へいぼーーーん!!

自分で書き出してびっくりしましたよ。普通すぎるでしょ。

OL時代に普通にやってたことが恋しかったんだ!こんな些細な事すらやっていなかったんです。

 

と、いうことで、実現させました。

f:id:ayanorosa:20171005123838j:plain

 バスに乗り(危険と言われますが、乗ってみると大丈夫!)、ひとりでのんびり買い物。そしてスタバでグランデサイズのコーヒーを買い、Uberで帰宅。

でもやっぱり夫のことは頭から離れない(笑) お土産にドーナツを♪

 

不自由なく過ごしてもなんだか面白くない日々と感じていたら、少し自分へ問いかけてみてください。「自分の好きなことは?何がしたい?」

あ、もちろん他人に迷惑かけない範囲で!ですからね。

 

例えが平凡すぎましたが、私にとってはメキシコでの生活が楽しいって思えた大切なきっかけです。

定期的にこの機会をつくるつもりです!

 

アヤノ ロサ