アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

自分を強くするための3つのこと

メキシコからこんばんは!先ほどメキシコ人男性同士のケンカを勃発寸前に片手で止めたアヤノです。

(殴ったのではなく、”まぁまぁ”となだめ落ち着かせました ^^)

 

「強くなりたい」と思ったことはありますか?

私は弱い自分を克服したいと常々思っています。力がどうこうよりも、精神的に強くありたいと。占い師さんには何も聞いていないのに「あなたは弱すぎる」と言われました(笑)

これまでの経験と本などで得た知識から、心掛けていることが色々あります。そのおかげで、まだまだ弱さから勝っていませんが、前より強くなった気がする!特に自分を変えるきっかけとなった3つのことを紹介します。

 

その前に

そもそも強さってなんだろう?

f:id:ayanorosa:20170811135024j:plain

イメージする「強い人」は人それぞれ。格闘技系の体力面、筋骨隆々な見た目、プレッシャーに打ち勝つ精神、なんでも挑戦する行動力、自分を通せる芯の強さ等。

そして最近気づいた、怒るのではなく、柔軟な対応を見せる大人な強さ!これは今勉強中です。だから先ほどもメキシコ人のケンカ腰姿勢に乗ることなく、穏便に抑えられたのです (^^)

 

私にとっていつも克服したいと思うのは、精神面や行動力です。ビビッて何も言えない、何も挑戦しない、そしてネガティブ思考。いつもそんな自分を変えたいと思っています。

 

このブログでは精神面に向けたことを書きます。

 

1. 演じる

私には強くなるための言葉があります。

それは、

"Fake it till you make it."

「そう成るまで そのフリをする」という意味です。

2~3年前に何かのビジネス本に書いてありました。自分とは違うものでも、演じていたらそれが自分自身になる、ということ。

 

例えば、人前で話せないシャイな自分だったとします。

(僕/私は明るくて話が好きな性格!)と思い込ませて演技をする。心臓はバクバクなはず!でもそれを何度も何度も繰り返していくうちに、シャイから人前で話すのが好きな自分に変わっていく。演じることにより慣れも出てきて自分を変えられるのです。

 

私はもともと発言はするタイプですが、キツく言えなかったり、言った後で(ちょっと怖かったかな。あの人どう思ったんだろう…)なんて気にして頭から離れなかったり。でもそこは心の中で言い聞かせます。

「私は正しいと思うことは直球で言う人間!他人は気にしない性格!」

考えすぎる性格ゆえ、気が強い人間を演じるくらいが丁度いいのです。

気が強く意地悪な人がさらにそう演じたら他人は良い迷惑です。なので演じるものは人それぞれ。バランスですね。

f:id:ayanorosa:20170811142924j:plain

さぁ、あなたは何を演じてみる?

 

2. 瞬間で2択「YESかNOか」

私は後で後悔したくないです。後々に「あぁ~!なぜ言わなかった/なぜしなかった!」と後悔したら眠れなくほど!最悪、数年は引きずります…なんてめんどくさい人間だ!

 

これは20代半ばでカナダへ行ってから、そうしていることかもしれません。

限られた時間の中でどう行動するか!英語が話せなくてもどんどん進んでいきましたし、恋愛に関しても気になる人にすぐ手紙を書いてみたり…。だって、そこで行動しなければ、すぐ帰国で一生会えないかもしれないですからね!(あ、ナンパじゃないですよ。純粋な恋物語です。笑)

 

それ以来、今でも何かあった時は瞬時に2択で考えるクセがつきました。

・YESかNOか

・言うのか/言わないのか

・やるのか/やらないのか

決断はいたってシンプルです。決断した後に後悔したとしても、ベストを尽くしたわけなので清々しいです。

 

これは良かったのか?という話ですが、

日本にいた時に深夜の帰り道、不思議な露出狂に遭いました。海人”うみんちゅ”Tシャツを着て挙動不審、こんな目立つ不審者でいいのか?!とこっちが考え半笑いになってしまうほど。と、油断した時に彼はパンツをおろしたのです。暗くて見えませんでしたが!見せてるのに見えてない、そこもツメが甘いというか(笑) 

その瞬間は私は「わっ!」とびっくりしてとっさに彼を越して数歩駆け足になってしまいましたが、そこで思ったのです、

「これ、追いかける?追いかけない?」

で、下した決断は、「追いかける」!!

あとで嫌な気持ちのまま寝るのはごめんだ!お前が反省しろ!!とばかりに、彼の方へ振り返り私は走り出しました。彼もぴゅーっと走って逃げてしまいましたけど。

追いかけ暴言を彼に発しただけでスッキリです!(笑)

※2択の例ですので、良い子はマネしないように!刃物持っていたら危険!

…すみません、変な例でしたね!

 

頼まれごとでもお誘いでも、普段からいつもYESと言ってしまう性格を直すべく、なるべくNOの選択肢を入れて、強い気持ちを持つようにしています!

 

ここまで書いておきながら、最近気づいたんです、YESでもNOでもない中間をとる手もあるってことを。状況次第!

 

3. 逆のことをする

f:id:ayanorosa:20170811150202j:plain

これはメンタリスト DaiGoさんから学びました。

( DaiGo -Mentalist- Official Site )

 

DaiGoさんは、ご自身のいじめ克服の経験から、こう気づきました。

今の自分と真逆のことをして自分を変える。まわりは助けてくれない、自分の行動によってまわりは変えられる。

紙の半分に 今の自分を書き出し、もう半分に今の自分と真逆の自分を書く。好きな色、成績、体系など全て。そして行動にうつしたそうです。今では知識と才能にあふれたかっこいい人に!

 

徹底して自分を変える力を持ったら、人は変わり、人生も変えられるんだと気づかされました。私にはそこまでの底力がなく意志が弱いのが情けないのですが、行き詰まった時には、逆のアイデアは無いか、自分を変えられないかと考えるようにしています。

暗い気持ちの時に黒い服を着てしまうのを抑えてビビッドなカラーにしてみたり。小さなことからやってみるようにしています。服から性格を変えてみるのが好きです!

 

「強い人間に変わりたい」気持ちがあったら。

少しの気づきと行動で力強い一歩を踏み出せるのかもしれない!

 

アヤノ ロサ