アウトプット時間inMexico

アヤノロサの国際結婚と学びと思考力

MENU

(自己紹介) 内向的な自分を振り返ってみた

f:id:ayanorosa:20180802090457j:plain

メキシコからこんにちは、アヤノです。

 

自分で自分のことがしっかり分かっている人ってどれだけいるのでしょうか。

 

私は、自分自身では内向的性格だと思っていますが、人に「私は人見知りで内気な性格だ」と話すと、冗談でしょと笑われたり違うと即答されます。しかし、占いでは「君はとてつもなく弱い」と言われました。一体私はどっちなんだか。

 

メキシコに来てもうすぐ1年、陽気な国に照らされ、ますます影だなと思う時とそうでない時があり、さらにわからなくなっている今日この頃です。

内面的な自己紹介を兼ねて、自分を振り返りたいと思います。

 

目次:

  

子供のときの私

私は物心ついた幼いころから自分が内気で集団行動が嫌いでした。

 

外に遊びに行くふりして実は夕方まで隠れてじっとしていたり、学童保育では群れることなくひたすら絵を描いていました。(そのおかげか20代ではデザインの道へ。)

 

小学校低学年の頃はいじめがあり、私も一時期仲間外れにされ一人になった時も。しかし悲しい感情などなく、「ラッキー!これでくだらない集団から離れられるー!」と漠然と喜びが。また転校生が仲間外れにされたときは、「この子といる方が楽しいし。」と一切の悪口を無視して彼女と一緒にいました。

(今振り返ると記憶が曖昧ですが、集団に戻ったりまた抜けたりで最後は自然消滅。何だったんだアレは。)

 

子供って仲間外れにされるのを恐れるはずなのに、私はいじめより集団行動の方が嫌いだったんです(笑) 今でも覚えています、私が憶することなく仲間外れを喜んだ時のいじめっこの驚いていた姿。

母が優しく強い人なので、それに救われていた部分もあったでしょうね。

 

いじめに限らず人間関係が子供ながらにめんどくさいと思うその一方で、クラスの室長になったり、生徒会に入ったり。運動会が大嫌いなくせに、なぜか実行委員に自主的に参加。

なぜ自ら立候補したんだろうか… 自分の性格がわかりません。

まわりは積極的で真面目な子供と思ったことでしょう。

 

先生は知っていたかな、私がストレスで給食が食べれなくなってたことを。

 

私は自分で自分がわからず知らずうちに何かを抱え込んでいたんでしょうね、きっと。

 

社会人になってから

集団嫌いは今も昔も変わらずです。

20代の頃はデザイナーしていました。デザイン業は作業は基本ひとり。誰とも話さない日もあり顎が開けるのに大変だった時も!

 

コツコツ働けばよかったのですが、会社の改善すべき体制やダメ(サボるとかいじめとか)な先輩には反発する体質で…正しいことは言わないと気が済まない。

…正しいと持ったこと&勝てると思うものだけですが。負け試合は避けます(笑)

困ったものです。すぐに環境も自分も嫌になりさっと見切りをつけて転職を繰り返しました。なぜ続かないのだと悲しくなることも何度もありました。

 

しかし、なぜか各会社の上司には好かれ、ありがたいお仕事をいただいていました。

退職後もお仕事のオファーをいただいたり。仕事的には世に残せたので満足です!そして「腹黒リーダー」とどの会社でも名付けられる不思議な現象。表向きは良いってことでしょうね。

…いや、勘違いしないで。裏もそんなに悪くない(笑) 

 

大人になって気づいたこと。

私の悪いところは、何かに心を向けると他に対して冷たくなることです。

 

職場での人見知りはほぼ無かったと思います。馴染んで働かせていただいていたのに、次の道に進みたいと思ったら、仕事もバッサリきっぱり辞めてきました。仕事上の新しい出会いやストレス等で、学生時代の友人と一切連絡を取らない時期もありました。これが何度も。おかげで、せっかく出会った素晴らしい方たちと疎遠になったし、友達も減りました。

基本ひとり行動が好きなので、友達が減っても何とも思いませんでした。でもふとした時に孤独で寂しくなります。なんてわがままな。

 

当時の仕事を通じで出会った人たち、今も仲良くしてくれる友人知人には心から感謝しています。

 

運命を変えたカナダ

25歳のときにワーキングホリデーでカナダ・バンクーバーへ行き1年滞在しました。

ふと急に、「このままでは30になる!」と頭に浮かんだのです。

直感で動きました。生ぬるい自分が海外でどう行動し、どう生活するのか、まだ見ぬ自分自身に会うことが楽しみでした。

 

カナダでの私は自分でも驚くほどチャレンジャーで前向き(無知とも言う)。

英語が話せないくせに履歴書をひたすら配り英語での仕事をつかみました。初めて国際恋愛もしました。これまでの人生で出会ってこなかった人たちに沢山出会いました。面白い出来事が毎日のように起こり、思い出が人生が本当に豊かになりました。

 

カナダで知り合り仲良くなった日本人女性に、「Ayanoちゃんと出会うためにカナダに来たのかも。」と言われました。

カナダに色々な夢をもって来たのに、日本人の私との出会いに意味を持たせてくれた彼女。私も彼女に対して同じことを思っていたので凄い出会いでした。

 

またカナダでの大きな出会いに対して「私はこの人たちと出会うためにカナダに来たんだ」と感じていました。

こんな風に人との出会い、つながり、自分の人生の意味を考えたのはこのカナダの1年が初めてでした。

 

今書いていて気づきました。

この頃は自分が何なのかなんて考えなかったなぁ。。。

 

カナダ帰国後のどん底

カナダから帰国後、どん底を味わい、しばらく先が真っ暗な時間を過ごしました。

婚約手前の彼との別れ、職場でのセクハラパワハラ。さらに自分の人生を責める日々。精神科へ行こうか毎日悩んでは止め、夜には涙が止まらず一人泣く毎日。

誰にも相談しませんでした。

 

もともと相談するタイプではなく、自己解決後に報告する感じです。もっと心をオープンにすれば良いのにと自分で思います。

 どん底の翌年、デザイン業をきっぱりやめました。もう一度カナダへ2週間ほど行き、気持ちをリセットしました。

 

孤独だった時期でしたが、「人生は180度悪くなる時も良くなる時もある」と、この時知ることが出来た、今となっては貴重な時間だったのだと思います。

 

国際結婚の今

何もかも捨てると、新しいものがやってきます。

デザイン業からさよならしたら、今度は国際的な仕事に就けました。そこでは内気なんて言ってられませんでした。ひとりで作業するデザインからチーム制の事務業へ。さらに海外の人のケアも入ってきました。

 

私にはまぶしいほどのアクティブでポジティブな人たちに囲まれ、自分がどうかなんて周りの光で見えなくなっていました。

 

結婚退社してから気づきましたよ、「あぁ、私はやっぱり弱いんだ」って。

集団行動だって、気配りのできる優しくて底抜けに優しい集団の中だったから出来たんだって思いました。

性格を完全に変えるのはほぼ不可能だと思いますが、左右するのは関わる人なんだってことを知りました。出会いと関わり方は大切ですね。

 

私の国際結婚について少し。

仕事上で出会ったメキシコ人とスピード婚約しました。

 

言語も文化も知識ゼロで初めてメキシコへ行き、その2週間後にはローカルな役所で入籍しました。旦那だけを信じてメキシコ移住です。

今思えばぞっとします(笑) 

 

私は、「これだ!」と思うことは勢いもって進むタイプのようです。

カナダ行きも、この結婚も。

思うことは色々ありますが、この直感と縁は間違っていなかったと思います。

 

旦那は私がネガティブで感情的な部分を理解しています。

しかし、私が「わたしなんて、ネガティブで弱い人間だ」と言ったらこう返答が。

 

「弱かったら、メキシコひとりで来ないでしょう!」 

 

確かに。

 

そもそもその考えがポジティブだよ、メキシコ旦那。

 

今では、メキシコで専業主婦で引きこもりな自分が情けなくなる時が多々あります。

言語の問題もあって、だいぶ消極的です。治安もありさらに不安材料が多くなっています。しかし、かと言って誰かと遊ぶ気も無く…やっぱり、ひとりが好きなんです。

自分がメキシコでどうしたいのか、どうありたいのか、今も答えを探し中です。

 

メキシコでの国際結婚で、これまで以上に自分と向き合うことが増えました。

ひとり好きが、結婚して一緒になったんですからね。他人だった外国人とね。自分だけじゃなく、人と向き合うことがどれだけ難しいのかを実感中です。

大変だけど、面白いです。

 

何も考えずに生きられたら楽なのにね!

 

で、結局自分ってなに?

これまで人生をざっくり振り返ってみましたが、結局私は何なんでしょう。

(読んでくれた人すみません!)

 

そもそも自分がそうだと思っていた「内気」「消極的」「内向的」ってなんだろう?辞書で調べてみました。

 

ウチキ【内気】

気が弱く、人前では、はきはきしない性格。そのさま。

  

ショウキョクテキ【消極的】

自分から進んで物事をしないさま。否定的であるさま。

 

ナイコウテキ【内向】

心のはたらきが自分の内部に向かうこと。

 

やっぱり私は内向的な性格なんだと思います。

 

時と場合により内気な時も消極的な時もありますが、記憶にある自分の行動を振り返ってみたら、ベースとなるのは内気でも消極的性格でもない気がします。

ずっと周りからは、「強い人」とか「ポジティブ」とか良い言葉をかけてもらうことも多かったですが、それは、弱くて内向的な自分の反動なのかもしれません。

 

一人で考えすぎて内に内に入っていきすぎて、その反動で周りの意見も聞かずに行動してる自分がいるんだ、と思います。

 

孤独が行動力を生んでいるのでしょうね。

 

私はこれからも自分自身と向き合っていきたいです。そして最後は本当に強くて芯のある人間になりたいです。

国際結婚でメキシコ移住したことで、これまで見えてなかった弱い自分と向き合っています。少しだけ強くなってるのかな…。

 

これからも自分と向き合っていきます。

時には、何も考えずに感情と気の向くままに動けたらいいんですけどね!

 

ブログも感情の変化や気づきを書いていきたいと思います。

長文を読んでくださりありがとうございました!

 

アヤノ ロサ